どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2009年04月16日

【音楽】THE CURE:WILD MOOD SWINGS

THE CURE:Wild Mood Swings
Wild Mood Swings
ザ・キュアー(THE CURE)の「WILD MOOD SWINGS」を聞いた。

・ザ・キュアー(THE CURE)を聞いて。
ザ・キュアーを聞くのは初めてです。
ただ、(ブリンク182)Blink-182のマークなど、好きだという人は結構いたので名前は知っていました。
イメージとしては、もやもやした霧のような、音の印象をきっちりつかむのが難しい感じを持っていました。
聞いてみたところ、そのイメージから大きく外れるものではありませんでしたが、思っていたよりもはっきりとしたメロディの歌が多く聞きやすかったです。

・ザ・キュアー(THE CURE):「WILD MOOD SWINGS」アルバム全体の印象
自分の内側を見つめているようなアルバムでした。
これが、ザ・キュアー(THE CURE)の持つ特色なのか、このアルバムだけに限ったことなのかはわかりません。
ただ奇妙なアルバムでしたね。
落ち込んだ時に聞くと、より落ち込みながらも明日に希望を持てそうな感じです。

歌詞を見ると、別れであったりとか、おおよそ明るい事はあんまり書いてないんですが、通して聴くと不思議にすっきりとしてしまいました。
ザ・キュアー(THE CURE)の歴史的には、黄金期と言われていたメンバーが脱退、商業的にも成功と言える結果ではなかったようです。

このアルバムは、どうしようもなく悲しく、暗い感じがします。
だからこそ、その先に希望が見えるような気がしてしまうのです。

Greatest Hits
Greatest Hits
ザ・キュアー(THE CURE)に興味はわいたけど、どのアルバムが良いのかなぁ?
「WILD MOOD SWINGS」が合うかはわかんないし…
という好奇心溢れる方は、まずはベストを聞いて、好きな曲のアルバムを買ってみるというのも良いと思います。

・ザ・キュアー(THE CURE):「WILD MOOD SWINGS」各曲の印象

歌詞の内容とは関係なかったりもしますが、各曲で感じたことを書いてみました。

1.want
どこに連れて行かれるんだろう。
ゆるやかに波打つギターが、右へ左へと揺れていく。
怪しくて悲しい、悲鳴のようだ。
“Any more time”
何を求めているのかわからず、ただふらふらとさまよっている。
それがたまらなく悲しい。
何だか世界がよくわからなくなってしまった気分の時に良さそうな曲です。

2club ameriva
さきほどの悲しみを吐き捨てるような気だるいボーカル。
煙ったいクラブの中で酒でも飲んでるようだ。
感情を抑えてる分、酔いがまわるのが早い。
何だか世界中が悲しく見えるので少し歌う。
ボーっと、酒でも飲みながら聞くといろいろ見えてきそう。

3.This is a lie
不確かなメリーゴーランドに乗っているよう。
とにかく悲しくなる。
小さい時に人が死ぬことを知った、訳もなく悲しくなる。
なぜ踊っているのかはわからないけど、ゆっくりと踊っている。
ふいに父と母を見失ったメリーゴーランドの上。
どうしていいかわからなくて泣いた気分。
子供の時に辛かった事を思い出して泣きたい時にどうぞ。

4THE 13TH
暗いところからぱっと抜け出して、明るいところに出られたので楽しい気分。
さっきまでは夢を見ていたようだ。
まだ酒がまわってるけど“It feels good”
酒を飲み終わったって、ちょっとまったりしてる時に。

5.STRANGE ATTRACTION
また夢の中に来てしまったみたいだ。
好きだった子の事を思い出す。
偶然を装って、少しの間一緒に歩いた。
何を話しただろう。
忘れてしまったけど、君を好きだった事を覚えてる。
それはとても楽しい思い出なんだ。
“And you never know”
昔の恋人との楽しい思い出を思い出したら。

6.MINT CAR
車に乗って君とどこに出かけようか。
どこに行っても楽しいんだ。
今この時が終わっても終わらなくても。
きっとずっと楽しくて仕方ない。
だから今思い出すとすごく悲しくてたまらない。
傷心旅行の車の中で、飛ばしていこう!

7JUPITER CRASH
海に君と行った。
夜の海だった、上を見ると星が輝いてる。
この瞬間が続けばいい、そう思っていたけど。
振り返ったら君はもういなかったよ。
理不尽な別れの後に。

8.ROUND&ROUND&ROUND
よくわからないけど、楽しい気がする。
世界が近付いたり、離れたり、よくわからない気分。
けど、楽しいんだ。
そう思わなけりゃならないんだ。
無理にテンションを上げたいけど、やっぱり無理そうで別に上がらなくても良い時に。

9.GONE!
不満だらけだね。
もう何もかもがどうでもいい。
全部終わればいいんだ。
どうすれば良いのかもわからない。
やけを起こしたい気分だ。
どうでも良いじゃねぇかという気分の時が良い。
笑い出しちゃいそうだ。
もうどうでも良い気分の時に。

10.NUMB
旅に出た。
世界の果てを目指そう。
どこかへ行ってしまえば楽になれるじゃないか。
“HE REALLY DOESN'T CARE ANYMORE”
でもそれは人事じゃない。
どっかへ行ってしまいたいんだ。
現実が辛くて旅に出た時のお供に。インドが良さそう。

11.RETURN
愛はここにある。
そう信じようぜ。
良いじゃないか、楽しくやったら。
もうそれでさ。
どうでもいいでしょ。
頭をからっぽにして、何かを信じたい時に。

12.TRAP
目の前で歌ってるボーカリスト
なぜそんなに世界の悲しみを背負ってしまったのか。
彼を解放したい。
だからここで暴れる。
彼と一緒に暴れる。
僕たちはそうやって自分を解放していかないと。
どっかで解放していかないと、もうまともじゃいられない。
叫びたくなる。
イライラして叫びたい時に。

13.TREASURE
夜、南国の海の上に浮かぶコテージで、ろうそくを灯す。
落ち着いた気分になる。
僕は今自由なんじゃないだろうか。
そう錯覚してしまう。
誰かを思い出して、辛くなった時。

14・BARE
俺は解放された。
もう何の苦しみもない。
悲しみはあっても、それの何が悪い?
生きていくという事はそういう事だ。
たとえ忘れることはなくても、そうやって生きていく。
忘れられない人がいる時に。



・ザ・キュアー(THE CURE)略歴
ザ・キュアー (The Cure) は、1978年に結成された英国出身のロックバンド。

初期はパンクを色濃く残すニュー・ウェイヴ・バンドであったが、メンバーの入れ替わりとともに音楽性も変遷し、現在はゴシックやオルタナティブに分類される。その活動歴は四半世紀を越えており、現在の音楽シーンの中でもその影響を受けたと公言するバンドは多い。
posted by どらっくす at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽でいこう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
(12/14)自己肯定。
(12/13)苦い
(12/12)サンドイッチ
(12/11)V
(12/10)変色
(12/09)カーテン
(12/07)
(12/05)パターンパターン
(12/04)スピーカー
(12/03)
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ