どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2010年09月09日

頭の中の世界では私は私だけじゃない+「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方」

突然変化が起こっても気づかなければ対応できない。
右を見ていたら左で起こってる事を見ることができない。
左を見ていたら右で起こってる事を見ることができない。
両方見るためには一歩下がれば良い。

昨日今日と急に涼しくなりましたね。
クーラーをつけるべきかやめるべきか悩むぐらいの温度です。
部屋の中は結構暑いんだよね、外の方が涼しいくらいだ。

「速読脳のつくり方」
ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)
前にもとりあげたけどまた読んだのでもう一度。
世界が平和になりますように。+「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方」

なにしろもう一度読んでみないことにはこの本を読んだ事にはならない。
なぜなら「本というのは一度読んだだけでは本当に理解した事にはならない」とこの本に書いてあるからです。
一度目はある意味まっさらな状態で読んでいます。
もちろん苫米地さんの本は数多く読んでいるので、彼の主張に関して理解はしているつもりですが、「「速読脳」をつくるとはどういう事なんだろう?」というのは初めて読むのでわかりません。
なので最初はそういった疑問を持って読みました。

結果、「なるほど、まぁ今までと言ってることは大体同じだな。苫米地さんは戦争と差別をなくしたいんだ。」とわかりました。

二度目に読んだ今回は、テクニック面を意識して読んでみました。
ハイサイクルリーディングを実践しながら、この本のテクニックを通して何を伝えたいのかということをもう一度考えてみたわけです。

そう考えて読んでみるとこのテクニックは全て並列化に繋がっている事に気づけます。
そう書いてありますが、もう一度読んでみるとなるほど並列化の訓練になるというのはこういう事かという事がわかります。
並列化の訓練をするということは、頭の中にもう一つ世界を作ってしまえという事です。
そのための練習に読書はなるという事を苫米地さんは言っているのです。
本書の中で触れられている著者の人格を作るというのもそういう事です。

今、物理空間における自分という存在があります。
体があって、どこどこに住んでいて、何をしていてという情報によって定義される自分です。(本当はその定義は幻です。)
それとは別に情報空間に新たに世界を作ります。
そこには自分そのものを作るのではなく新しく様々な視点から物事を見る目を作るのです。
物理空間の世界では情報から自分を定義していくものだとしたら、情報空間の世界においては様々な情報があってそれらを統合した存在を結果として“自分のようなもの”として見るというイメージでしょうか。
だから情報空間における自分は無限に変わっていくし、無限に視点が増えていく、限界のないものになります。
“自分のようなもの”と表現したのは、果たしてその限界のない存在を自分と定義して良いのかどうか疑問に思ったからです。
そう考えると、苫米地さんの本でよく“私”でものを考えるのはやめなさいと書いてあるのも良く理解できます。
情報空間における“私のようなもの”は“私”でくくった瞬間にその存在が限定されてしまうからです。
つまり情報空間における“私のようなもの”は、物理空間における“私”の視点を内包しつつも、その他の人の視点も兼ね備えた存在であるからです。
そしてその他の人の視点を得るためには、様々な知識が必要なわけです。

なるほど、苫米地さんが哲学の本は最低限みんなが読むべきだと良く言うのはこういう理屈からだったんですね。
この本では読む本は小説が一番良いと書いてありますが、それは哲学の本は臨場感を上げづらい、原書と訳書ではニュアンスが変わってしまうというような事が理由なのかもしれません。

この本を読んで本を読むことの大切さを改めて教えてもらえました。
次の本も楽しみだな。

っていうかもう次の本出てるんですよね。
人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44 もう、努力してはいけない!
昨日本屋に探しに行ったんだけど入荷してなかったんだよな。
今日はあると良いな。
ちなみに今月はこの本を抜かしても後二冊出ます(笑)
いくらなんでも書きすぎだろう。
でも似たような内容であったとしても量を出すというのは価値があると思います。
それだけ多面的に作者を見ることができますからね。
「速読脳」にもそうする事でより理解が深まるという事が書いてあります。
なるほど、多面的に著者を見て、著者の人格を自分の中に作る事をしやすくするためにこれだけたくさんの本を書いてるんだろうな。
結果としてたくさん売れてたくさん儲かると。
誰も困らないですね。
明日からもできるだけ本を読むようにしよう。

ではまた明日。
ラベル:日記 苫米地英人
posted by どらっくす at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ