どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2013年09月17日

文章を書くことも、結局は相手を思いやること。

ニコニコ動画、苫米地英人チャンネルの生放送を見ていました。
http://ch.nicovideo.jp/tomabechi
やっぱり苫米地さんの話はおもしろいです。
今回は、特別に30分で100万円と言われるコーチングの様子を配信。
これがまた面白かったですね。
興味がある人にはたまらない内容だったと思います。

言語でのかかわりよりも、非言語によるかかわりの方が大事というのは参考になりました。
すっごい簡単にいうと、相手の事を本気で考えてるか否かという話でした。
自分なりの理解を言うと、話してるときに、相手がこの話に興味があるかないかって大体わかるじゃないですか。
それが非言語の伝達なんですよね。
じゃあ興味があるという状態は何なのか?

これって、お互いの話題が共通しているということですよね。
共通しているからこそ本気になれる。
本気で話し合ってるからたのしめる。
そういうことなんじゃないかなと。
テクニックももちろんあるにせよ、基本的には心が繋がっているかどうか。
小手先のものではなく、本心から相手を思いやる。
基本ではあるけど、意外とできてないことでもありますよね。

もしかしたら、書くということも同じなのかもしれません。
今まで、なんとなく書いてきた部分もありましたが、これからはもう少し目的を絞った方が良いかもしれませんね。
といっても、読者に迎合するというわけでもなく。
自分が書きたいことがきちんと書けているのかどうか。
自分が心から納得できているのかどうか。
情報として、きちんと引用できているかどうか。

内容がどう評価されるかではなく。
自分が納得できるかどうか。
その辺りをもっと追求していこうかなと。

じゃあそこに千文字という制限はいるのか?という疑問も出てきます。
これを外してしまっても良いのかなとも考えました。
だから、外すなら外してしまっても良いと思うんですよね。
ただし、千文字という縛りのものも残せば良い。

一日一度は千文字ぐらいの文章を書く。

その上で、もっと書きたいことがあれば、枠を外して書けば良い。
そういうことにします。
自分の中で、枠に収めることも重要ではないかと思うんです。
少ないものを千文字にする。
多いものを千文字にする。

どちらの作業にしても、大変な部分は出てきます。
そういう中で、あえて千文字という枠を設定することで、編集者的な視点を加えることができるのではないかと考えています。
書く自分と、編集する自分。
この二人のお互いの思いやりの結晶。
そんな文章を書いていきます。
ラベル:日記 苫米地英人
posted by どらっくす at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ