どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2015年07月29日

「バーナード嬢曰く。」2巻を読んで、自分の“好き”をしっかりとみつめることの大切さを思い出す。

「バーナード嬢曰く。」の二巻が出ていたので買いました。
読んだ後に本が読みたくなるでおなじみの「バーナード嬢曰く。」ですが、
2巻でもそのペースは衰えていません。
どんどん本が読みたくなる。
「本を読んだふりができないだろうか?」などと言っていたバーナード嬢こと町田さわ子さんが、
わりと本を読んでいるという事実。
すでに、自分よりもよっぽど本を読んでいますよ。
しかも、過去の名作ばかり。

もちろんきちんと読んでいない本……きちんと読んでいないというのもおかしな話ですが、
読まずに済ませようとしている本もたくさんあるわけですけど、
それでも毎日のように本を読んでいるだろうことがうかがえます。
あれだけ読んでいたら、周りからは読書家だと思われているでしょう。
ただ友達になった人たちが、あまりにも濃い読書家だったというだけです。
環境が人を作るとは言いますけど、
読書家になりたかったら、読書家に囲まれることが一番良いのかもしれません。

漫画の中で「KAGEROU」について、熱く語られている場面があります。
自分は読んでいないのでまったくわかりませんが、
自分が好きだけど、世間ではどうやら評価されていないものについて、
熱く語りたくなる気持ちはわかります。
施川ユウキ先生のすごいところは、逃げていないところですね。
あたくしであれば、そういうものを好きだという自分をバカにされたくなくて、
ついつい逃げ腰のまま「ま、オレは良いと思うけどね」なんて言う。
そういう逃げる気まんまんの好評価をしたくなってしまいます。

そこを逃げずに、どこが好きなのかをしっかりという。
これは自分の“好き”を、しっかりと見つめるという作業が必要になります。
この作業が意外と照れくさかったりして、なかなか難しかったりするんですよね。
もっともっと自分の好きを見つめることを、
しっかりとやらないといけないのかもしれません。
しっかりとやらなくても、自然とできていたはずなんですけどね。
どこかで、誰かのそばの道を歩むことを覚えてしまったのかもしれません。

posted by どらっくす at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を読んだら書くとこ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ