どらっくすのちゃんぷる〜日記。

どうせ誰も読んでない。

2016年03月08日

話の締め方がテクニカルな胴体着陸のようだ。の、よい子のための尾玉なみえ童話集(1)人魚姫

尾玉なみえ童話集1人魚姫.jpg
尾玉なみえ先生の新刊を買いました。
新刊と言っても、去年出ていたようなんですけどね。
うっかり見逃してしまっていました、オダメイニアックスとしていかんことをしてしまった。

人魚姫と言いつつも、そこは尾玉流ですから、
まったく違ったものになっていますよ。ええ。
尾玉先生って、話の畳み方がうまいです。
うまいといってもきれいに着陸するとかじゃなくて、
緊急時の胴体着陸がやたらうまい、みたいな畳み方なんですけど。
それが人魚姫という題材もあってか、非常にはまっていますね。
新たな童話として生まれ変わっています。

子供に読ませたいかと言われれば、まったく読ませたくはないですが、
そもそも自分には子供がいないので、いらぬ心配なのです。
大人の童話です。
世界の当たり前、常識、良いとされていることに対する猛烈な反発心と、
どこか本心では迎合したい、けどできないという情念が交じり合って、
こういうことになっちゃってるんでしょう。

どの作品を読んでも、人に勧める気にはならないですけど、
けなす人とは友達になりたくない。
けど、けなされているところが容易に想像できてしまう。
だからせめて自分だけでも、暖かく包み込んであげたい。
もちろん、そういう気持ちになっている人がたくさんいるんだろうけど、
自分だけであって欲しいと思わされてしまう。
次の巻もいずれ出るようなので、今からたのしみです。
もはや打ち切り作家ではありませんからね、
これからの尾玉なみえ先生の活躍にご期待ください!



posted by どらっくす at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画を読んだら書くとこ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ