どらっくすのちゃんぷる〜日記。

どうせ誰も読んでない。

2016年08月20日

『1Q84』BOOK1下巻。内側にいたのでは、外側から見ることができない。

『1Q84』BOOK1後編を読み終わった。
どれくらいの時間読んでいたのかは覚えていないけど、後少しで読み終わると思ってから一時間は経過して読み終えた。いったいどれくらいの時間読んでいたのだろう。
相変わらず世界が交錯しそうでしないままに進んでいく。
いったい話はどこへ進んでいくのか。いや、いったいわたしはどこへ連れて行かれてしまうのか。まったくわからない。舗装された道路の上を歩きたいのに、森の中を進むことを強制されているようだ。
だが、不思議と嫌ではない。むしろ本当に歩きたかったのは森の中なのだとさえ思ふ。

もしかしたらどこへも辿り着かないのかもしれない。
ただただ話は進んでいき、終わりのように見えて終わらない。
そんな話なのかもしれない。
わたしはただ先を読みたいだけなのだ。だからなにも気にしていない。

バッハを聞きながら読むことにした。
それがどういうタイトルで、何楽章とか、そんな名前が付いているのかどうかもわからない。
ふかえりという少女は番号で呼んでいた。それがなんとなくかっこよかったから、とりあえず曲だけでも聞いてみたくなった。
Google play musicにバッハと打ち込み、最初に出てきたアルバムを聞いている。
マウリツィオ・ポリーニ平均律クラヴィーア曲集。
これがバッハの曲なのかすらさだかではない。だがきっとそうなのだろう。

わたしが今いる世界は、『1Q84』の世界からは遠く離れているのだろうか。
リトル・ピープルはわたしの中に住んでいるだろうか。ヴィレッジピープルなら高らかにマッチョマンを歌いあげているのだけれど。
バッハを聞きながら、自分のいる世界をもう一度見つめなおそうとする。
ぼんやりとしてはっきりは見えない。
Qの世界か、9の世界か。
世界の中にいるものからは、世界の全体像は見分けがつかないものなのだ。


1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)
1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)村上 春樹

新潮社 2012-03-28
売り上げランキング : 29684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫) 1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉 (新潮文庫) 1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉 (新潮文庫) 海辺のカフカ (下) (新潮文庫) 海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫) ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫) ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)


読書をしている
『1Q84』BOOK1下巻。下巻を読み終わり、ひとやすみしているところ。
『食通知つたかぶり』丸谷才一 「信濃にはソバとサクラと」まで。格調高いのに温かい。
『超一流になるには才能か努力か?』アンダース・エリクソン 限界を超える練習あるのみ。
ラベル:村上春樹 読書
posted by どらっくす at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ