どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2016年12月23日

ココア。

「ココアを一杯いただけるかな?」
「はい、どうぞ」
「ありがとう」
カップのふちに口をつけただけで耐えられないほど熱くなったココアを少しだけすすった。やはり熱い。ほどほどの熱さのココアを一気に飲むのが私の流儀だ。
ココアが冷めるのを待つのも暇だったので、店員に話しかけた。
「ココアは体に良いという話を知ってるかい?」
「ポリフェノールがどうとかでしょ」
「そう、カカオの濃度は濃ければ濃い方が良い」
「うちのはたいして濃くないよ、だから熱々にしてる」
一口すすってみる。先ほどよりはマシになったがまだ熱い。そして味は薄い。
「言う通り、たしかに濃いとは言えないね。それで、なんで熱くしてるんだ?」
「時間がかかるからごまかせる」
「なるほどね」
会話は尽きてしまった。いや、店員は話をする気などなかったのだろう。だからココアが濃くはないなどと言い出したのだ。客と話をすることも店員の務めのひとつではないかと考えはするが、義務ではないことぐらいはわかっている。
「話すのは嫌いかい?」
「嫌いではないけど、味わってもらいたいだけ。」
「薄いココアを?」
「そう、薄いココアを、じっくりと」
店員はようやく笑顔を見せた。ココアも飲むのにちょうど良い温かさになっていた。私は店員の顔をもう一度見たが、すでに後ろを向いてコップを入念に磨いていた。私はカップを持ち上げて、いつも通り一気に飲み干そうとした。
「コーヒーが体に良いって話は知ってる?」
コップを磨きながら店員が話しかけてきた。私は一口だけココアを飲み込んだ。
「良かったら、話してくれないか」
店員はコップを置き、体をこちらに向けた。ココアは冷めていき、私の主義は変わりゆく。そんなものはちいさなことだ。ここにある人と人のつながりの大きさに比べれば。



暖かかったので油断していたら、雨に降られて体が冷え切ってしまいました。
こんなときは、ココアが飲みたくなりますね。
posted by どらっくす at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ