どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2017年01月11日

きおく。

風が冷たくなったきたのはいつごろからだろうか。数日前か、あるいは数か月前か。
記憶が混濁しているのかもしれない、調整しなおさなくてはならない。
「明日の朝食は何にする?」
女が声をかけてきた。名前が思い出せないところをみると母親ではなさそうだ。
「クロワッサン」
女の名を思い出す必要はなかった。どうせこの記憶もすぐになくなる。
人が記憶を操りだしてからどれくらいの月日が経ったのか、もはやわかる人間はいない。記憶を操ることができるというのは真実を失うということでもあった。記録すらももはや信じられない。信じられるものをなくした人間たちは、争うことすらもやめたのだった。
「君は誰だったかな?」
「それに何の意味があるの?」
自分自身の存在すらも無意味であり、信じられるものは今だけだった。
明日の朝に、わたしはクロワッサンを食べるのだろうか?それとも別のものを食べるのか。
はたして出てきたクロワッサンは、わたしが食べたいと思ったものなのだろうか。
今、わたしが考えていることは、はたして本当にわたしが考えていることなのか。
そもそもわたしが存在しているのだろうか。
記憶を操ることができるようになり、人類はより発展し、世界は平和になった。だが、平和と引き換えに、わたしたちはわたしを消してしまったのだ。



序盤を書き出した時点で、ちょっと大きな話になりそうな予感がしたので早めに畳んでしまった。
暖かくなったり、寒くなったり、いったい気温の何を信じたら良いものやら。
記憶ってあいまいなものだけど、ぜんぶ操れるようになったら何を信じたら良いのかわからなくなりそうですね。
どこが最初に操りだしたところなのかわかっていないといけないけど、その最初自体がすでに操られている可能性もあるわけですし。
なんてことを考えていたら、今自分自身が考えていることだって怪しいものだということに気がつきました。
自分が本当に自分なのか、連続しているかどうかはわからない。
世界が全部偽物だとしても、やっていきたいことをやるしかない。
posted by どらっくす at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445831098

この記事へのトラックバック
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ