どらっくすのちゃんぷる〜日記。

どうせ誰も読んでない。

2017年03月22日

「魔術師」おどろおどろしい雰囲気に一気にはまってしまった。


「魔術師」を読みました。いつものようにさっさとめくっていこうと思ったのですが、なんとなく気分が乗っていたのである程度読んでみたところかなり時間が経ってしまいました。
それぐらい熱中して読んでしまいましたね。
明智小五郎探偵の事件というのを、前作にも遡って読んでみたい気持ちになりました。なにしろ前の作品はあまりにも早く読んでしまったのでなんとなくしか覚えていませんからね。
ある程度時間をかけて読んだ方が、小説の場合はたのしめるのかもしれません。

犯人がどうこうとかよりも、作品のもつおどろおどろしい雰囲気がすごく気に入りました。
この先どうなってしまうのか?というのが気になって夢中で読んでしまう。また明智小五郎というのがなかなか粋な男で、すべてを完璧に解決しそうなのにもかかわらず、ちょっと間違ったりピンチに陥ったりするところが素敵ですね。
キャラクターというよりは事件そのものの空気感をたのしむタイプの小説に感じましたが、次の作品も読んでみたいと思います。

特に気になったシーンとしては、獄門舟の出てくるシーンですね。あの辺の死体が見つかってからの流れと言ったらもういやあな空気が漂っています。詳細は控えますけども、実際に見たら卒倒してしまうかもしれませんね。
あとはラストがちょっと爽やかな恋愛ものっぽい締めなのも良かったです。

江戸川乱歩を読んだことって全然なかったし、今まで読んだものもあまりピンとこなかったんですけど「魔術師」は読みだしてすぐになにかピンとくるものがありましたね。今日の気分だったというだけかもしれませんけど。
全作読破!とまでは言いませんけど、主要な作品は読んでみようと思っています。
ラベル:江戸川乱歩
posted by どらっくす at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ