どらっくすのちゃんぷる〜日記。

どうせ誰も読んでない。

2018年04月26日

「未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。」を読む。不安こそが自分自身を知るチャンス。

「未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。」を読む。
以前にもバシャールの本は何冊か読んでいます。
記事を書いたのは一つだったのかな。

ワクワクはパンの香り。-人生に奇跡を起こすバシャール名言集

バシャールというと、とにかくワクワクすることをやろうというメッセージを送り続けている人……、人なのか?
そうバシャールというのは、人ではないんですよね。
宇宙人?次元人?とにかくそういう得体のしれない存在です。
ダリル・アンカという人と繋がっている、チャネリングする存在。チャネリングって、どういう使い方をする言葉なんだろうか?
よくわかりませんが、とにかくそういう精神的な存在的なアレです。
先日読んだ「バーソロミュー」にも近いものがありますね。
「バーソロミュー: 大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ」を読む。怪しい中にも、学びはある。


ワクワクすることをする、というのは簡単なようで難しく、難しいようで簡単なことですね。
どういうことなのかが、いまいちわかりません。
簡単なメッセージであるほど、実践するのは難しかったりするものです。
今回読んでいて気がついたのは、ネガティブなものは恐れるものではないということですね。
身近なもので言えば、不安と言っても良いかもしれません。

不安の中にあるのって、たいていは自分自身の評価の低さなんです。
できないかもしれないから不安になる。
明日のテストで0点取ったらどうしよう、みたいな。
知識がないことが知られたら、みんなにバカにされてしまうかもしれない。
そういう不安があって、勉強しようとするんだけど、不安が気になりすぎてうまく頭に入って来なくなる。
なんだかんだとやっている内に、まったく違うことをしてしまって、勉強のことなんて忘れてしまっている。
違うことをやる動機が不安から始まっているから、違うことにも集中できない。
結局、何もできなかった……。
ますます自己評価が下がっていく。

そういうループを防ぐためにも、ワクワクからすべてを始めていくことが大事なんですね。
やっていくことすべてで、自己評価が上がっていく。
自己評価が上がれば、ドンドンいろんなことをやる気も出てくる。
人生が楽しくなっていく。
やったぜ!
というわけです。

不安は、むしろワクワクへの道しるべだと考えれば良いのです。
勉強しなくちゃの理由が「みんなにバカにされてしまうかもしれない」だとしたら、本当にそうなのかを考えてみる。
そうすると、そんなことはないことに気が付けるでしょう。
そもそも勉強しないからといってバカにしてくるような輩は、自分の人生に必要あるとは言えないでしょう。
勉強をしなくても、愛してくれる。そういう存在こそが必要な存在なはずです。
それがわかった上で、もう一度勉強というものを見つめてみる。
すると、純粋な興味から「これはどうなっているんだろう?」という視点が現れる。
ワクワクして始まった勉強が、頭に残りやすいのは、みなさん体感でわかっているはずです。

不安を覚えた時ほど、そこにワクワクが眠っているチャンスを見つけることができる。
そう考えれば、不安は怖いものではありません。
むしろ自分自身を知るためのヒントですらあります。
マイナスの感情は、自分はその域に達していない、と感じた時に起こるものです。
解決するのは簡単で、自分はその域に達している、と思えば良い。

お金がある人が妬ましいのであれば、自分はお金を持つのに相応しくないとどこかで感じているのかもしれません。
ネガティブな感情を持った時ほど、その奥に潜んでいる自分自身の感情を見つめ、大声で言ってあげる必要があるのです。
「そんなことはない。お前は凄い!」
posted by どらっくす at 09:44| Comment(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ