どらっくすのちゃんぷる〜日記。

どうせ誰も読んでない。

2018年06月29日

日本なんとか決勝トーナメント進出を決めてくれてうれしい。試合はいまいち。

日本が決勝トーナメント進出を決めました。
試合はいまいちというか、悪い内容でしたが、その分主力は休ませることができたのではないかと思います。
大迫と長谷部を完全に休ませることができれば大成功だったかもしれませんが、負けてる状況だったので万が一に備えるためには仕方がなかったかな。
西野監督は進出できなければ全責任を負う覚悟だったでしょうね。
追加点を取られる可能性があったとしても攻めてしまった方が、気持ちとしては楽だったかもしれませんが、最後まで進出の可能性の高い方を選んだということでしょう。

ただ、試合としてはつまらなかったですね。
ポーランドも一点差で勝てるのであればギリギリ面目は保てるし、無理に攻めて点を入れられるのも怖いということで深くは追ってきませんでしたし。
お互いの思惑が一致した結果、後半残り15分くらいは試合をしている意味がほとんどなくなってしまっていました。
他会場の結果がすぐにわかってしまうからこそ、どういう戦略を取るか?というのは大事になってきます。

セネガルは最後まで攻めていて立派だった、という気持ちにもなるかもしれませんが、日本がセネガルの状況であれば同じように攻めていたでしょう。
フェアプレーポイントが進出を分けるという珍しい結果になりましたが、そういう状況を作ることができた今までの日本の戦い方が素晴らしかったということですね。
もしかしたらリードしたのがコロンビアではなく、セネガルだった場合は日本ももっと攻めていたかもしれません。
コロンビアがリードしている状況であれば、引き分けに持ち込まれることはないだろうという読みだったのでしょうね。
西野監督の勝負師としての読みはほんとに素晴らしい。試合はつまらなかった。

この戦いっぷりが問題になることはおそらくないと思います。
ポーランドがボールを積極的に奪いにくれば成立しない話ですから。
両国に軽く注意くらいはあるかもしれませんが、トーナメント進出がかかっている状況でうかつに攻められないのは当然のことでもあります。
後ろでパスを回すことを禁止するルールはありませんからね。
自分たちが警告をもらうだけでも一気にピンチになる可能性もあったわけで、よくやったと言うしかないですね。

それと控えの選手たちはやっぱり控えなんだなということもよくわかりました。
特に武藤と宇佐美は、このチャンスを活かそうとしすぎて、かえって逃してしまった印象です。
ここで活躍すれば、という思いが強すぎるというのもうまくいかないものなんでしょうね。
大迫、香川であれば、先に点を取って逃げ切るという展開もあったかもしれない。
前線でのボールキープが今までの試合とはまったく違いましたからね。
それでも休ませることを優先したということは、通過してからのことを前提にスタメンを組んだということでもあります。
もちろん引き分け狙いだった以上、二人だけのせいではないですが、前の試合までのメンバーであれば、もっと前線でボールキープして楽な展開を構築することができたと思います。

敗戦した以上プラン通りではなかったでしょうが、最悪の事態にはならなかった。
ここら辺、本当に”持っている”のは西野監督なのかもしれません。
こうなってくると、決勝トーナメントはどこまでいってくれるのか期待したいですね。
試合内容を悪くしてまで決勝トーナメントに行く必要はない、というのはあまりにも贅沢すぎる。
もちろん、この内容で決勝トーナメントを逃したのであれば、文句を言うのが当たり前ですが。
決めた以上は、文句なし。
次こそは素晴らしい内容で勝利してもらいたいですね。
posted by どらっくす at 02:47| Comment(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ