どらっくすのちゃんぷる〜日記。

どうせ誰も読んでない。

2018年07月20日

「超予測力」を読み始めて、体力の衰えに気がつく。

「超予測力」という本を読んでいる。

買ってから、もう一週間くらいは経っているはずだが、まだ読み終わらない。
毎日読み続けているわけではないとはいえ、なかなかに歯ごたえのある本である。
噛んでも噛んでも終わらない。

こういった本によくある、豊富な事例をふんだんに織り交ぜながらの説明は、懇切丁寧であり、ありがたいものでもあるのだが、同時に「いつ読み終わるんだよ……」という感覚にもとらわれることになる。
今読んでいるところには、情報の更新に従って、少しずつ予測を変化させていくことが大事である、ということが書いてあった。
ところが読んでいる私としては、まず情報の更新についていくことすらままならないのだから困ったものである。予測力以前の問題である。
おもしろいのはおもしろいんだが、情報が豊富であればあるほどに疲れる。疲れれば読む手が止まる。
そんなことを繰り返しながら、ようやく半分をすぎるところまでは読み進めることができた。
あと少しがんばろう。

本を読むスピードはだいぶ変わった。
一時期は、バンバン飛ばして読むような速読だったが、今はわりとゆっくり目に読んでいる。
とはいえ飛ばし読みに近い部分もあるだろうとは思う。
一字一句を音読しながら読むほどゆっくりではなく、さりとてバンバン飛ばしていくというわけでもない。
なんとなくちょうど良いペースというのができあがってきている。

そういう読み方でも、三十分も読めば疲れてしまう。
どうも体力の衰えの方が、読書の力の衰えよりも大きいのではないかと思えてきているのだ。
脳は疲れない、というが。脳を支えている肉体は疲れるのだからして、脳が疲れてなくても体の方が先に疲れてしまったら、頭脳活動に近い読書といえども先に進んでいくことはできない。
昔は、そういう時に姿勢を変えたら済んでいたのだが、どうも姿勢を変えようとも何をしようとも、いったん疲れてしまうとどうしようもない。
読書の力を鍛えようと思っていたのだけど、それよりもまず肉体を鍛えなければ、頭を鍛えることも難しいのかもしれない。
ヨガでもやるかあ。
posted by どらっくす at 07:56| Comment(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ