どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2017年03月21日

「コメディ・トゥナイト」なるほどこれがミュージカル、たのしいものである。

今日は銀座で劇を見てきました。そのせいかすごく眠いです。やっぱり映画を見てから劇はちょっと脳が疲れたのかもしれない。
劇も歌がかなり多いものだったので疲れてしまったのかもしれません。やたらに眠い状態です。
ちなみに見たのは「コメディ・トゥナイト」というやつです。休日だからかもしれませんが、関係者受付に主演の人の奥様がいました。背が高くて日本人ばなれしたスタイルの方ですね、きれいだったな。
ブロードウェイ・ミュージカルコメディ・トゥナイト!ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》

いろいろ聞いたことがある人が出ていました。主演の愛之助さんはもちろん上手で歌も上手かったですが、他の人もバラエティに富んでいてたのしかった。
ルー大柴さんなんかあんまりイメージわかなかったけど、顔が大きくて表情が見ていてすごくわかりやすかったです。
基本的にみんな歌のうまい人が多かったんですけど、とくにダイアモンドユカイさんは一人とびぬけてよかったです。あんまり歌う場面が多かったわけではないんですが、深みのある声で歌が響いてきました。正直、ダイアモンドユカイて……、となめてた部分があったのでうまくて驚きました。高橋ジョージさんも歌手ですけど、こちらは演じているキャラにかなり寄った歌い方でしたね。

あとは平野綾さん、こちらは自分が涼宮ハルヒの憂鬱を見ていて多少思い入れがあるというのもあるんですが非常によかったです。さすが声優をやっていただけあって、他の方とは声の澄み方が一段違うんですよね。よく声優さんの声はざわざわしている場所でも脳に直接届く、なんてことが言われますけどもそんな感じでした。マイクを通しているので、全員声が聞き取りづらいということはなかったんですが、中でもセリフが一番聞きとりやすかったのは平野さんでした。歌もうまかったです。時々アニメっぽい演技だなと感じることもありましたけど、それがこのコメディ作品に合っていたし。舞台女優としての平野綾も全然いけるんだなとまたもや驚きました。

今、キャスト表を見ていて松田美由紀さんも出ていたことに気がつきました。確かに言われればあの顔は松田美由紀さんだった。
演劇や映画を見る時はあんまり事前に情報を入れないで見ることが多いので、あとからもうちょっと調べてから見ればよかったかなと思うこと多いですね。
とりあえずダイアモンドユカイさんのアルバムをさっそく聞いてみています。
それにしてもよくよく見てみれば「ブロードウェイ・ミュージカル」って書いてありますね。やけに歌が多い劇だなあと思ってましたが、ミュージカルだったのか。初めて見ましたね、ミュージカル。意外とおもしろいものだなあ。
posted by どらっくす at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

書いたけど消えた。

さきほど書いたのですが、なぜかうまく保存されていなかったらしく、またデータも残っていなかったので消えてしまいました。いったいどんな内容を書いたのか、自分でも覚えていません。なんてこった。
もしかして、パソコンの調子が悪いのだろうか。
考えても仕方がないですが、もう一度書く気にもなれないのでこの辺で。続きを読む
posted by どらっくす at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

とりあえずメモに書いてみる。

メモをまた少し取るようにしています。メモと言っても、きちんとしたメモではなくて、パッと頭に思いついた順に並べていく程度のものですけどね。
それでも十分頭の中が整理される感覚があります。なんでもいいから一度書く方が頭も整理しやすいということなのかもしれません。まとめたりしようとするとかえって書けなかったりして、なんでもいいからとにかく書こうという気で書いてみる方がいろいろと書けるような気がしています。

おかげで今日は映画の感想がはかどりましたね。はかどってくれるとまた見ようという気にもなるし、相乗効果になってくれているかもしれません。
ただ、日記に関してはあいかわらず何もせずに書き出しているので、日記もメモをしてから書き出せばよかったなと少し後悔しています。

そのうち絵で書いたりとか、マインドマップにしたりとか、そういう方向に進化を遂げる可能性はありますね。
それが進化なのかどうかはわかりませんけど、とりあえず書いてみるということでいい方向に進んでくれるということはわかったので良かったです。
どんどん書いてみて、そこから何かを生み出せるようになっていこう。
posted by どらっくす at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

部屋の一か所を綺麗にしてからなんてできないんだから、全体をちょっとだけ綺麗にしよう。

部屋の片づけというか、再配置が終わりました。思い通りにできたはずなのに、なぜだか床が出てこず。単純にものが多すぎるというのが一番の問題なのでしょうね。捨てるにしても何を捨てたものか、考えつつももう少し物を移動させてみます。まだ柔軟をするには日がかかりそうだ。

それでも本を楽に取り出せるようになったのでやった甲斐がありました。まだ今日は一冊も読んでないですけどね……。自分で思ったよりもことがうまく運ばないのは仕方がないことです。それでも少しずつやっていくしかないんだな。小さく早くを意識してやってみます。

今日少し立ち読みした本にも書いてあったんですよ。狭く深くを一度しかできないよりも、広く浅くを何度も繰り返す方が効果が高いって。これは勉強法の本だったんですけど、部屋の片付けも同じなんじゃないかと思うんですよね。もちろんちょっとずつができているのであれば、部屋が汚くなる、もので溢れるなんていうことはないはずなんですが、だからといって諦めてしまうのもいけません。今日からでも全体を少しずつ、1分でも良いから片付けることを意識していけばいいんです。

一か所を片づけることから始める方が良いという風に言われることもありますけど、どうにも自分に合わないのであれば、自分に合うようにサイズを変えることもまた大事なのではないかと思います。
言われた通りにやることができていたら、人生だってもう少し生きやすかったかもしれません。でも言われた通りにやらなかった人生なんだから、言われた通りにやらないを貫き通して、自分のスタイルを見つけていくしかないんだな。
じゃあ小さく早くを意識するのもやめた方が良いんじゃ……、なんて言ってたら何もできなくなっちゃうな。思いついたことようにとにかくやってみよう。いうことを聞く人を選ぶことだってスタイルのうちだよ。
posted by どらっくす at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

肩を痛めたので部屋を片付けだした。

お部屋の片づけをしています。携帯を拾おうとして肩を痛めるという悲しい事件が起こりまして、これは体が硬くなってしまっているぞということに気がつきました。
さすがにここまで硬くなっていると怪我の不安が出てきますし、現に痛めてはいますし、深刻な怪我をする前に少し柔軟運動をしようと思ったのです。

でも、残念ながら柔軟運動をするスペースがない。そんなに広く取る必要はないとはいえ、やはりある程度の場所は必要です。ということで少し片付けというか、柔軟運動のできるスペースを作ることにしたのです。
そこでやっているのが、自分の中である程度禁じ手にしていた上に重ねるという方法です。下のスペースを空けるには上に積んでいくしかない。当たり前ですけども、上に積むということは崩れる可能性が出てくる。最悪は埋もれてしまうかもしれない。でも、崩れる心配をするよりも、とにかくスペースを空けることの方が大事だということで、とりあえず積んでいくことにします。

それにしても肩というのは痛いと不便なものですね。治るまでは運動も控えなくては。なんてことを言っているから痛めるんですよね。少しずつ動かしながら治していこう。まあ、まだ片付け終わってないんですけどね。終わるのかね、これ。
posted by どらっくす at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

とりあえず寝る。

なんだか座ってボーっとしているうちに時間がすぎていました。ゆっくりとお風呂にでも浸かった方が良いかもしれません。最近いろんなものを早送りばかりしていたから脳が疲れているのかもしれないな。疲れるなんてことがあるのかどうかは知りませんけど。
あとはちょっと運動不足かもしれないな、よしこれからちょっと歩いてみるか。
あとは本が読めなくなりましたね。読んでいると猛烈に眠くなるようになってきてしまって、春が近いからですかねえ。

それでもまあなんとかうまいこと気持ちは落ちずにいられています。その分、眠りがまた浅くなってきている感じがあるんですよね。なんでだろう。
少し部屋も片付けて、ああなんだか気にしすぎていることがたくさんあるのかな。
もう少し手放して、とりあえず寝るか。
posted by どらっくす at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

「蜘蛛男」なんだかあんまりよくわからなかった。

「蜘蛛男」をペラペラとめくる。kindle unlimitedを最近あまり使っていなかった気がするので有効活用することにした。なにしろペラペラとスピードを上げてめくるのに本はどれだけあっても良いわけである。
二度めくってみたけど、話はよくわからなかった。早すぎたのかもしれない。二度目には途中で眠ってしまったからして、どうにも眠かったのかもしれない。
とりあえず殺人事件が起こっていることだけはなんとなくわかった。そして、明智小五郎が出てきたのもわかったのだけど、それぐらいだったかな。二度目に読んだときに犯人の名前はわかったのだけど、いったいどうしてそうなったのかはよくわからなかった。

もう一度くらい読んだら良いかとも思うけど、もう良いような気にもなっている。どうにも乱歩は合わないような気がしてきている。だけども、一つ二つめくって合わないというのもなんだし、まだまだたくさんunlimited対象になっている乱歩作品はあるので、とりあえず全部めくってみるまではがんばってみようと思う。
タグ:江戸川乱歩
posted by どらっくす at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

遅くするのもなんだから、なんとなく早くしているだけ。

倍速やらになれてくると自分自身の思考スピードも上がる!なんていうことが言われたりしますが、自分の感覚としてはそんなことはないと思っています。じゃあなんで倍速再生等を使うかと言われたら、なんとなくとしか言いようがないです。早くした方がいっぱい見たりできるじゃん、くらいのことしか考えていません。
そもそも別に思考スピードを上げたいとも思っていないからかもしれませんけどね。

時間の節約になっているのかもわかりません。結局わからなければもう一回見るしかないわけですから、一回見てしまえばすべて記憶できてしまう人ならば一回で見た方が良いでしょう。
早くしてあれば、それだけ理解は遅くなるのではないかとすら思います。それでも早くするのは、世の中にはそれほど真剣に理解しなければならないようなことは多くないような気がしているからです。

ようはゆっくり読む、ゆっくり見る、ゆっくり聞く。
そういうことをするために早く確認しているだけなのかもしれません。
やっぱりゆっくりと味わった方がいいものも存在すると思うし、何もかも早く味わってしまうのももったいないような気がします。
なんでもかんでも早くやればいいわけではないけども、ゆっくりだとやる気がしないものもある。
結局のところ、多くのものに触れていって、ざっと触れたときにどうするかの勘を働かせるしかないのかもしれません。
やりたいようにやればいい。ただそれだけなんでしょうね。
posted by どらっくす at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「吾輩は猫である Audible版」を、毎日ちょっとずつ聞くのがたのしみ。

最近本をあまり読んでいないのですが、かわりにオーディオブックを聞いています。
特によく聞いているというか、長くてなかなか聞き終わらないのが「吾輩は猫である」です。
Audibleで契約してから毎日のようにちょっとずつ効いてるんですが全然終わりません。たぶん今は中盤くらいまできたと思うんですが、最初のころのことを忘れてしまっている気がします。

ただ、めちゃくちゃおもしろいですね。さすが夏目漱石です。
なにがさすがなのかはわかりませんが、さすがだなあと思ってしまいます。ただ音で聞いていると、たまにわからない言葉が出てきますね。文字で見たらわかるのかもしれませんが、音だけだとなかなか難しい。
それでもまったくわからないということはないので、たまにわからない言葉があるくらいは気にせずに聞いています。

読む気がしないけど気になっている本の入門にオーディオブックというのはなかなかいい手なのかもしれません。
思い出してみれば幼稚園のときはわけもわからぬまま先生が読む紙芝居を見ていたわけで、音だけで聞くというのはそれよりも少し難易度は高いかもしれませんが、文字を読むよりは簡単なものなのでしょう。
毎日のたのしみのひとつになっています。
posted by どらっくす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

飲食店が全面禁煙になんかなったら最悪だ。

グーグルマップで調べて歩く。これだけのことがなぜたのしいのか、不思議ではあるけれどもたのしいのだから仕方がない。
ただ外を歩いていると気になることがある。歩きたばこである。
今日などは歩きたばこをしながら歩きスマホをしているという達人とすれ違ってしまった。当然のことながらまわりのことなどまったく見ていなかった。本人は気にしているそぶりを見せているのだけど、目はスマホに釘付け。さらにたばこを持っているという、どっちかを落ち着いてやるという選択肢はないらしい。

さらには工事中の交通整理のおっちゃんが、周りの目を盗んでひそかにたばこを吸いながら交通整理をしているのを見かけてしまった時は、真面目にたばこの中毒性を危険視しなければならないのではないかと考えてしまった。あれはどう考えてもおかしい。

飲食店等が禁煙になるという話が出ているらしいけど何もそこまでする必要はないと思う。分煙が徹底されていれば良いだけだし、そもそも喫煙可の店には行かなければ良い。何も全部を禁止する必要はない。ただコンビニの前で吸っている人たちはどうにかしてほしい。もしくはコンビニの前に喫煙ボックスを作って閉じ込める形にしてほしい。あれは臭い。ちょっと入りづらかったりもするし、コンビニから出た瞬間にたばこの煙をあびるのはストレスになる。

室内での喫煙なんて言うのはどうでもいい、とにかく歩きたばこをどうにかしてほしい。受動喫煙がどうとか、そんなものはほんとにどうだっていいのだ。さわやかな朝のきれいな空気を、わざわざたばこの煙で臭くする人をどうにかしてほしい。
屋外なら受動喫煙は問題ないかもしれないが、臭いはどうにもならない。車の排気ガスだって臭いは我慢ならない。車も廃止できるものならしてほしいぐらいだ、困るけど。

無駄に条例だなんだ作るならたばこを明日から作るのをやめた方が良い。もしくはそうそう買えないように高くした方が良い。歩きたばこは逮捕で良い。
飲食店やらでは自由に吸わせてあげれば良いじゃないか。閉じこもっている分には文句はない。もちろん会社なんかで喫煙自由は受動喫煙の問題が出てくるから禁煙にしないといけない。それはいなければいけないからである。
飲食店などの選ぶ自由がある場所ならどうしてくれても良い。でも外では吸ってほしくない。飲食店が完全禁煙なんて喜ぶどころか最悪だ。店の前でモクモク吸ってる姿しかイメージできない。喫煙者は室内に閉じ込めておけば良いのに、なぜわざわざ外に出そうとするのか?わたしには理解できない。
posted by どらっくす at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

なんでかわからんけどやってしまうことこそ大切に。

どういうわけだか一日中眠かったのだけど、なんとか今日も終わりに近付いているので寝てしまおうと思う。
そして寝る準備に入ってみて初めてブログを書いていないことに気がつくという、あわや書かずに寝るところであった。
なにか若干のボタンの掛け違いのようなことが起こっているような気もするけど、まだ自分の中で特別影響が出ているというわけではない。このまま何の影響もなく終わるかもしれないし、なにかものすごい影響が出るという可能性もある。どちらであったとしてもどうしようもない。備えておいたところで役には立たないのだから、備えずにして備えるという境地を目指そう。

つまり何かに備えてやるのではなく、いつもどおり普通に何の理由もつけずにやるということである。ブログを書くのも自然とできるからそうしているだけであって、書かなければいけないというものではない。ましてやブログを書くために何かをするというのはちょっと違うと思う。
普通にしている中で、おもしろいと感じたこと、おかしいと思ったこと、そういうことを切り出すから自分自身もたのしめるのであって、狙ってやることでたのしくなるかどうかはわからない。
悟りを開くために座禅を組んでも悟ることはできないのと同じで、なにかをするためにはただやることが大事である。
なんでかわからんけどできるとか、なんでかわからんけどやりたいとか、そういうなんでかわからん部分にこそ大切なものは潜んでいるものである。
posted by どらっくす at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

よく歩くと眠くなる。

グーグルマップで近所を調べて歩く旅を継続中です。知らない店とか、行ったことはあるけど変わっている場所もあったりして、なかなかたのしめますね。ほんとに何でこんな道が入ってるんだろう?というような道が入っているのには驚かされます。
歩くのがたのしいので、なかなかほかのことをしなくなっている気がします。今日は新日本プロレスの中継を見ていたのもあってか、他の記憶がありません。

何をしたいのかわからないという状態を続けているよりも、とりあえず歩いている方がなんだか良いような気がしますしね。
はっきりとこれをやるぞという時もありますけど、なんとなくネットを見たりとか、そういう時間も意外とあったりしますよね。それなら歩いた方が良いのかもしれません。

歩いている途中には「吾輩は猫である」を聞いたりしています。
全然終わらないんですが、聞いていておもしろいですね。なんなんだろうあの感じ。
よく歩くようになったせいか眠くなるのも早くなったような気もします。
眠りたかったらよく歩くのが良いのかもしれません。
posted by どらっくす at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グーグルマップでいつも行く店を調べたら、思いもよらない近道が出てきた。

一週間ほど前からグーグルマップをよく使うようになった。もともとよく歩く方ではあったのだけど、行きたいところがあってもなんとなくでたどり着くはできるので必要ないと思っていた。
でも、使ってみるとこれがすごく便利。間違っていても早い段階でわかるので、見当違いの方向に歩き出すということがなくなった。

そして、意外なことに知っているところでも調べてみるともっと近い道が発見できたりする。特に入り組んだ道のところだったりすると、思いもよらなかったところに道があったりして「こんなところに道があったのか」と驚くこともある。指示通りに行っても道がなかったことも一度あったけど。

そういうわけで、ちょっと出かけるときに積極的にグーグルマップで調べるようになっている。
これでマッピング機能というか、一度行ったところに印がついたりすると、いろんなところに行ってみたいという気持ちが生まれるかもしれない。もしかしたらそういうアプリはあるかもしれないな。後で調べてみよう。

やる気というのは出そうと思って出るものではないけど、必要な時にはきちんと出るものなのでしょう。
今日見ていた動画で「必要なことをやればいい」という言葉がありました。
自分にとって必要なことをすれば、必要なものは自然と出てくる。
自分に今なにが必要なのかは相変わらずわからないけど、瞬間瞬間の必要性を意識して生きてみよう。
posted by どらっくす at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

他人も気がつかない、自分も気がついていないような憂鬱さを抱えている時は、生きないまでも死なない。

振り返ってみると去年の年末あたりから、どうにも気持ちが下がっている状態だったなと思います。上がり下がりはあったわけですけど、上がったかなと思えば下がり、低空飛行を続けていたような気がします。
2月終わりあたりからそういった気分もだいぶ晴れて、今に至って振り返ってみると「ああ気持ちが下がっていたな」ということがよくわかります。なにしろ、何かしようという気力がなかなか出てこなかったので。
暖かくなったとか、マットレスを変えてよく眠れるようになったとか、催眠音声で寝つきがよくなったとか、いろいろな要因はあると思いますが、どれが理由だとしても気分が明るくなってきてくれたのはありがたいことです。
また少し絵を描いてみようかなとか、ベースの練習をしようかなとか、ブログで何かの感想を書いたりしようかなということができるようになったのも心が明るくなってきたからです。ありがたやありがたや。

もちろんブログに書くことがなくて困ることはあるわけですけど、だからといってそこに落ち込みがあまりなくなったのもうれしいところです。たぶんなんですけど、今は何かを入れる時期なんだと感じ出すとちょっと気分が下がっている合図なのだと思います。出し切ったと思ったところで出し切れるわけがないわけで、やってみればどんどん出てくるものです。にもかかわらず入れる時期だと思っているというときは出すという行為そのものに消極的になっているということであり、気持ちが下がっているからそうなっているのだと思います。

ただ、これも難しいところだなと思うのが、自然に治るのを待つしかない部分もあるんですよね。開き直ることができるまでは、気分が上がらないのも仕方がない。でもそこを開き直れるのであれば、そもそも気分が下がっていないという。だからなんとなく気持ちが上がらない状態なのに、上がらない状態であることに気がつくことができずに、こんなことがあったから気分が上がらないとか、外的要因のせいにしてしまって、上がらない状態に納得してしまう。実は非常に危険な状態なのかもしれません。自覚できる欝ならすぐに病院に行った方が良いですけど、自覚できていないし、他の人も気がつかない欝というのもあるんだと思います。

時間が解決してくれるとは思いつつも、時間が過ぎること自体が苦痛になってしまう。そうして自分をどんどん追い詰めてしまうんですよね。だから解決法はないんだと思います。解決しようとしても解決できない。
でも生きていれば、たまたまどうにかなってくれるときがきます。思い立って何かやってみたことが自分に合っていれば、いきなり気分が上がるようになることだってあります。
「物事が変わるのは一瞬」だと新日本プロレスのYOSHI-HASHI選手も言ってますからね。
だから、そういう時が来てくれるのを待つために、あの世への扉を開くのだけはやめようと決意する。それだけで良いんだと思います。なんか両さんも似たようなこと言ってた気がするな。
これからも、死ななきゃなんとかなる。の精神で生きていきたいものです。
posted by どらっくす at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

生きていないように生きていくのだ。

どうでも良い記事などというものがあるだろうか?いやない。
というわけで、今日もなにがしかを書いていくわけである。ネタがないわけではないのだけれど、書こうという気になるネタは少なかったりする。そういうネタもちょっとした記事として書いていけば、更新数も増えるかもしれない。別に更新数を増やしたいというわけではないのだけど、一日一記事と限定してしまうのもまた違う気がする。書きたいだけ書けば良いし、書きたくなければ書かなければ良いのだけど、書かないというのはなんだか自分が許せなくなりそうなので一つぐらいは書きたい。

とにかく日々色んなことを感じているし、感じていなかったら死んでいるわけである。死んでいるというのは語弊があるか、生きていないのである。別に生きることにこだわりがあるわけではないので死んでしまっても良いのだけど、寿命で死ぬのであればあと1300年くらいは生きたいものである。1300年も生きていたらおそらくすることもなくなるだろうから、今はゆるりと生きていけば良いのではないかと思っている。そんなことをいって、1300年も生きないのだろうから、今できることは今やっておいた方が良いという意見にうなずくことはできるのだけど、やるかと言われればやらない。そういう人間なのである。きびきびと燃え尽きるように生きるくらいなら、1300年生きる可能性の方にかけよう。

生きていないというとやたらに批判される向きもあるが、本気で心配してくれる人もいるだろう。だから世間ではそんなことは言わない。ブログに書くだけである。なにしろ生きてないなんて言ったらいつ「もっと熱くなれよ」などと励まされるかわからない世の中である。言わない方がよろしい。
さらにいえば、ブログに書いてあることだって本心かどうかはわからない。本心からして生きていないのか、あるいはネット社会において受けが良さそうだと言っているのか、本当のところはわからない。わたし自身にもわからないところが少しおもしろいところである。

自分のことなんてわからない、他人のことなんてわからない。だからまあ人の目に触れたり、直接話したり、そんな時くらいは明るく振舞ったり相手を励ましたりもする。一人になった時に、いったいあの自分は何者なのだろうかと考えたりもする。だが結局、すべてが自分なのである。誰かといれば笑うし、一人の時だって笑いもする。色んな自分がいて良いのだ。まっすぐに前を向いて歩くことだけが正しいのであれば、わたしは正しくなくていい。できるだけ時間をかけて道草をくい、途中で野垂れ死にするだろう。正しいか間違ってるかなんてどうだっていい。後悔したって良い。わたしはただのんびりと、生きていないように生きたいのだ。
posted by どらっくす at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

まあなんというか、書くことがない日というのも当然あるわけで。

マットレスを買い替えたおかげでだいぶ腰もましになってきました。よかった。
そうなるといよいよもって、運動をしない理由がなくなってしまって困ってしまいます。またもや身体的な言い訳を何か発見するかもしれませんね。膝が痛いとか。
ここ最近は暖かかったのでそうでもなかったですが、今日は比較的寒かったのでなんとなく膝が痛かったような気もします。なんという創造的回避でしょう。でっち上げてでも運動をしたくないのだったらしなくても良い気もします。

今日は頭の中がからっぽのままだったというか、なにか考えていたような気がしないんですよね。気が付いたら一日終わっていたという感じで。
だからなんだか何を書いたものかわからぬままな感じで書いています。そういう日はよくありますが、あんまりよくあるのもなんですから、毎日何か書くことはないかと考え続けることは大切なのかもしれません。

したくないことについて考えてみたんですが、落ち着いて考えてみると世界制覇をすることが一番やりたくないことですね。世界は勝手に動いてくれている方が良いです。自分の思い通りに世界が動いてくれてもそれはそれで困ります。だいたいダラダラするのだっていちいちめんどくさそうだし。世界なんて制覇するものではないですね。
できることなら心穏やかで死んでいきたいものですから、今は心を落ち着けていくことに集中したいです。まあでもお金を使うのは好きですから、どう使うかを考えるのも良いかもしれません。むしろ使うこと自体よりも使い道を考えているときの方が好きかもしれませんね。
よし、これぐらい書けば十分でしょう。おわり!
posted by どらっくす at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

固めのマットレスにしてみたら、寝心地がすごくよくなった。

どうにも腰の痛みが治まらず。原因はベッドとわかりきっているので、いよいよマットレスを新調することにした。
散々迷ったあげく、ニトリで硬質マットレスというのを買った。五千円なり。
家に帰り試に寝てみて驚いた。こんなに楽になるのか。無理をしていたつもりはなかったのだけど、一度変えてしまうと今までは無理をしていたのだということがわかる。寝転がっただけで、昨日までとは明らかに寝心地が違う。ぐっすりと眠れそうなのである。ああ、早く寝たい。

低反発と最後まで悩んだのだけど、低反発で寝ているところを想像してみると、どうしても今より腰が痛くなる図しか思い浮かばなかったのである。もっと良いベッドに寝ていればまた違うのかもしれないが、今のベッドにおいては柔らかいところに寝るよりも固いところに寝た方がかえって楽になるような気がした。
マットレスを試すことは多少ならできるわけだけど、結局のところ自宅のベッドにおけるわけではないというのが一つの罠になっている気がする。
いくらマットレスを良くしても、ベッドが悪ければ効果は薄くなってしまう。特に低反発の場合はその効果が顕著に表れるのではないかと思う。
普通に寝ていて腰が痛くなるようなベッドに寝ているのであれば、まずはその効果をリセットできるような固めのマットレスを敷く。その上でさらに低反発を置くかどうかは好みでやるという方が、うまくいく可能性が高いような気がする。

こんなに寝ることがたのしみにできるなんて、今日は奇跡の一日であるな。間違いない。
posted by どらっくす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

SSDを買って快適な環境を整えるよりも、ソフトを買って満足することを選ぶ。

SSDを買うかどうかで小一時間悩んだのち「その金でゲームを買った方が楽しめるのでは?」という当たり前のことに気がつきやめる。快適なゲーム生活のためにはあった方が良いかもしれないけど、そもそもやるものがなければいくら快適でも仕方がない。
環境を整えることも大切ですが、何が自分にとって大事なのかをもう一度見直してみることが必要ですね。

悩んでしまうパターンとして、情報が不足しているという場合は情報を集めることが大事です。しかし、そもそも目的が定まっていないということもよくあるパターンなのです。自分の場合は、ゲームをすること自体ももちろん好きではありますが、ゲームをたくさん所有している状態というのも好きなのです。
もちろん快適にプレイできるのであればそれに越したことはないですが、本当に必要なのはどちらなのかということを考えれば、やはりソフトを買うことなのです。

ゲームに対して何らかの不満があるときに、思い切って次のゲームにいける状態にあることこそが、自分にとっては大事なことなのです。そこを見失ってしまい、快適にプレイできないから環境を変えたらなんとかなるかもしれないという方向に行ってしまったのは、FFというゲームに対して自分の中でも多少の思い入れがあったからなのでしょう。
快適にすることにお金を使うのであれば、同じお金で違うゲームを買うことの方を選ぶ。これはお金のあるなしに関わらず、自分にとって何を優先するかということを決めたということでもあります。もちろん莫大なお金があれば、両方買えば良いじゃないかという話になるでしょうけども、そんなお金は少なくとも今手元にあるというわけではないのです。将来はわかりませんけど、今あるわけではない。

あるわけではないときがあってくれたというのはまさに奇跡です。もしたくさんのお金を持ってしまっていたら、何を優先するかを決めることは難しかったでしょう。自分は環境よりもソフトの数を優先する人間なのだ。ということを少なくとも決めることができました。もちろんこれは今であって、いつもそうであるとは限りません。でも少なくとも今はこうなんだとはっきり決めることができる。
これが人生を選択していくということなのではないかと思います。
情報によってどちらが良いかを決めるのではなく、あくまでも自分自身の目的を見据えて決めることができた。これが行えたというのは、まさに奇跡でしかありません。
今日もまた自分の中の奇跡を発見してしまった。また明日も発見できるように願っています。
posted by どらっくす at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

今の自分が置かれている状況を正確に把握しなければ、トイレに間に合うことは難しい。

今日はお腹が痛くなりました。昨日は尿意だったわけですが、今日はレベルアップして腹痛。神は越えられるしれんしか与えないといいますが、少しずつレベルアップしてくるスタイルなのでしょうか。そうなると、明日いったいどんなトイレがらみの事象に襲われるのか、不安になって来ます。奇跡的に今日は間に合いましたが、明日はさらに状況が厳しくなる可能性もあるわけで、このまま尿意や腹痛がレベルアップするぐらいなら良いんですが、万が一にもトイレに間に合わないということが起こってしまったときに、それでも奇跡を感じることができるのか?怖くもあり、楽しみでもあります。

日々、なるべく奇跡を感じるようにしてみてから「これってもしかして奇跡?」ということが頻繁に起こるようになりました。奇跡というのも現実の一側面に過ぎないといってしまえば、いささかロマンを無くしすぎな気もしますが、自分の気の持ちようによっては存在しているだけで奇跡ということを毎日感じることだってできるのでしょうから、奇跡を毎日感じられるようにこれからも心を落ち着けていくつもりです。
焦っている時ほど世界をとらえることが難しくなります。存在しているだけでも奇跡だと感じたければ、まずは世界をとらえることが大切です。膨大な情報の渦に巻き込まれてしまっては奇跡もただの日常になってしまいます。

膨大な情報を得ながら処理していくことが大事なのであって、処理しきれないほど抱えてしまっては何も見えないのと同じです。見えなくなるほど抱えてしまったら、まずはすべて捨ててみる。心を落ち着けて、今見えているものを確認することが大切ですね。
そうして自分を見つめ続けることができたものだけが、三日連続でギリギリトイレに駆け込めるという奇跡を起こすことができるのです。もらさなくてよかった。
posted by どらっくす at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう漏らすかと思ったところで駅が現れた。

駅から駅までの距離がそんなに遠くない時に、わたしはなぜだか歩いてみたくなってしまう。特に今日みたいに天気のいい日には。
どうせ歩くのなら、いつもと違う道を歩きたい。せっかくなのでいつも通る道はやめて線路の向こう側の道を歩くことにした。今まで知らなかったところに小さな商店街があったりして、それはそれで楽しかった。

あまりにも楽しかったので、このまま歩けるところまで歩いてしまおうと決める。まだまだ歩き始めたところであったし、歩こうと思えば二時間くらいは歩けるはず。そんなことを思いながら、どこまで行けるだろうとわくわくしていた。
いつもの駅を通り過ぎ、次の駅を目指す。知らない通りを過ぎ、知らない店の前を通り、知らない人たちの中に混じる。同じ日本ではあるが、隣の町に移れば違う町であり、違ったルールが存在するのだろう。自転車の止め方、横断歩道の渡り方、微妙に自分とタイミングがずれるのもなんだか楽しい。

だが、そんなたのしさも長くは続かなかった。トイレに行きたくなったのだ。
知らない町で尿意を覚えたときの心もとさといったらない。なにしろどこにトイレがあるのかわからないのだから。それでもここは日本である。トイレぐらいすぐに発見できるはず。
などという考えは甘かった。まったく見つからない。どこにもない。たまにあるお店も、昔ながらの八百屋や魚屋であり、とてもトイレを借りられるような雰囲気ではなかった。いや、もしかしたらお願いすれば貸してくれたかもしれないけど、トイレを借りる勇気がなかった。

今日ならばどこまでも歩けるかもしれない。ほんの三十分前まではそんなことを思っていたのだが、どこまでも行くどころかトイレまで持つかも怪しかった。余裕はなくなり、頭の中はトイレでいっぱいになった。
もはやこれまでと思いながら、商店街から別れている太めの道に入ると、突然目の前に駅が現れた。何の標識もなかったのに、なぜあんなところに駅があったのか、今でも不思議ある。だがあった。
あったからには仕方がない、急いでトイレに駆け込み用を足した。ちょうどいい具合に電車が来たので、そのまま乗って帰ることにした。乗った駅は、いつも乗る駅から二つ進んだところであった。

知らない場所を見事に歩いたこと、そして知らない道を入り、見事に駅を見つけトイレに間に合ったこと。
併せて考えてみると、どう軽く見積もっても奇跡である。
今日も無事に奇跡を起こすことができたのだ。ありがとうわたし。
posted by どらっくす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ