どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2017年05月17日

自分の中の制限を外していく。


イマジン・ドラゴンズというバンドの「Smoke + Mirrors」というアルバムを聴いています。
これが非常に好みです。
オーガニックというか、壮大な感触でして、聴いていると自然に体が動くようなリズム。
これは2ndで1stが非常に評判高かったようですので、1stを聞くのもたのしみです。

まあすでに世界的なバンドなんでしょうけど、名前だけ知っていても聞いたことがなかったり、今更聞くのは時代遅れなんじゃないだろうか?みたいなことを思ってしまうようなバンドでも、聞いてみると意外と好みだったりするのだから色んなものを聞いてみるということも大事かもしれません。
あんまりいろんなことを考えすぎていてもうまくできなかったりしますしね。

実は音楽のことはあんまり書かないようにしようと思っていたんです。
なんだろう、いろんな制限があった方が良いかと思ったんでしょうね。音楽用のブログもあるのはあるので、更新してないけど。
だけどもうそういう制限のようなものを取っ払ってしまった方が良いかもしれません。
制限をしすぎていたから、自分の中でも何が好きなのかわからなくなってきている部分があるのかもしれない。

当たり前ですけど、世の中にはブログに書けることもあれば、書けないこともある。
書きたいこともあれば書きたくないこともある。
何を書けば良いのかわからないこともあれば、書いてはいけないことを書いてしまうこともある。
だからといって制限してしまっていては、その制限に飲み込まれて自分自身を見失ってしまうのかもしれません。
もっと動いていってみよう。
posted by どらっくす at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

長風呂のお供にスマホいい湯だな。

お風呂にはしっかりと浸かるのがよろしいということで、なるべく長く浸かっていようとは思うのですが、どうにも無駄な時間を過ごしているような気持ちにもなりがちです。
そこで様々な暇つぶしの方法を、人間は考えついてきたわけですが、自分はスマホをジップロックに入れて見ることに決めました。
NETFLIXを見ることが多いですね。
やはりドラマなどを見ていると、あっという間に時間が経ってしまいますから、長時間の入浴も苦にはなりません。

ただひとつ気をつけなければいけないのが、長風呂をしすぎるということですね。
今日も「アンという名の少女」というNETFLIXオリジナルドラマを見ていたら、かなり時間が経っていて、気がついたら汗だらだらになっていて、顔からぽたぽたと雫がたれておりました。
あまりにも長く入っていて脱水症状にでもなってしまうと大変ですから、この辺は自分でしっかりと、どのぐらいの時間入っているかを把握しておかないといけません。次は、もう少しお湯の温度を下げた方が良いかもしれません。

「アンという名の少女」は、ご存知「赤毛のアン」のドラマです。一度読んだはずなので、ドラマを見て、ああこういうシーンあったなあ、と懐かしい気持ちがわいてきます。
原題は「Anne with an E」というタイトルみたいで、そういえばアンは最後にEが付く方、みたいなことにこだわっているシーンがあったような気もします。
まだアンがグリーンゲイブルズに到着して、マシューと馬車に乗っているところなので、これからしばらくはたのしめそうです。

それにしても、こうなってくると何のための長風呂なのか、ちょっとわからなくなってきますね。
健康のためというには、長時間入ることはあまり健康には良くなさそうですし。
ドラマを見るのだったら普通に見ればいい。
でも、二つを合わせた方が、なんとなくたのしくできるという。
飽きたらちょっと環境を変えるのが良いといいますけど、そういうことなのかもしれません。
posted by どらっくす at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

どうにも本を買えない。

今日こそ本を買うぞと、意気込んで本屋に向かうも、結局何も買わずに帰る。本を買うのが、なぜだかどんどん難しくなっている。
電子書籍を買うのはむしろ楽になっていて、昨日も「ヤバイ統計学」という本を買ったのだけど。

どうにも紙の本を買おうとすると躊躇してしまう。欲しい本がないわけではいのだけど、なんとなく「でもなあ……」となってしまうのである。
もしかしたら本棚をもっと片づけないといけないのかもしれないな。わりとぎっちりと詰まっている状態になっているので、少し緩んでいるぐらいの方が良いのかもしれない。
じゃあ本棚に入っている本はどうしたら良いのか、捨てるのか、それとも置いておくのか。
本棚に入っている本の中にも読んでいないものがあるような気がするし、ほんとにもうどうしたら良いものか。
なんとかならないかなあと思いつつ、なんともならないままに日々が過ぎゆきてしまうのだよ。
でも、そのなんとかの方向性も定まっていないんだよな。
どうなんとかなって欲しいのか、部屋がきれいになって欲しいのか、物が減って欲しいのか、あるいは引っ越したいのか。まったくもって自分でも謎。
いったいこれからどうなっていけば満足なのか。
これってほんとに部屋だけの話なのかな。
posted by どらっくす at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだかうまくいかないなあ。

ちょっとダイエットを諦めつつある今日この頃。なんとかタンパク質だけはとるようにしています。
停滞すると、すぐに心が折れてしまうんですよね。何をやっているのかわからなくなってしまう。
痩せるのは諦めて、太ろうかなという気持ちにすらなっています。
どこまで太ることができるのか、自分の限界に挑戦してみよう、などという現実逃避をしてしまうのです。

久しぶりに紙の本を買ってみようかと思ったんですが、なんとなく買う気になれなかったですね。
なんだろう、そういうところでもうまくいってない気がする。
もううまくいってるところがないのかもしれないね。何もうまくいかないような気持ちになっていて、どうしたものかと考えているだけ。

そういう気持ちだと、なかなかなにかをしようちう気持ちにもなれなくて、映画を見たりなんていうこともまったくしてないですね。ほんとどうしよう。
なにかを見たいような気持ちはありつつも見ていない。いや正確にいえば、都市伝説の動画とかは見ているんですけど、作品としてあるものは見る気がしないんですよね。
物語に入り込めないような状態になっているのかもしれない。
抽象的な空間に入り込めないということですから、IQが下がってるんでしょうね。
まずは簡単な本から読んで、本を読む練習でもするかな。
posted by どらっくす at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

寝る前に怖い話を聞いたら、怖くて熟睡できそうにない。

怖い話を見ていたら、怖くなってしまうという凡ミス。
おかげでなんだか眠るのが怖い。目をつぶるのが怖い。でも早く寝たい。
ということで、うまいこと寝ようと思っています。
もちろん、さっと眠ることができると思いますので、さっと眠るぞと決心しています。
やっぱり寝る前に怖い話は聞かない方が良いですね。

せっかくなんでどういう話かを書きますと、呪いの人形の話だったんです。
チャイルドプレイという映画の元になった人形があるという話ですね。
それのどこが怖いのかというと、話を聞いているうちに自分が眠くなってきちゃったところが怖い。
「ああ、眠いなあ」と思いながら呪いの人形の話を聞いていまして。内容は人形にはどんな怨念が込められているかわからないからバカにすると大変な目に会うこともあるよ。というようなことでしたから、決して人形をバカにしたりはしないぞと心に誓ったんです。
呪いの人形の話が終わったら目も覚めてきたので続きを見ることにしました。

次の話は、とあるオカルト番組を撮影していたら急に眠くなる人が続出したという話でした。
出演者たちもこんなに眠くなるなんておかしいなあと思いながらなんとか撮影を終えたそうなんですが、収録が終わった瞬間にその場にいた霊能者さんが「今、眠くなった人は手を挙げてください」と言い出したそうです。
それで、スタッフも含めて何人かが手を挙げたらその霊能者さんがこう言ったそうです。
「眠くなった人は霊が寄ってきているので、今から除霊しますね」と。

この話を聞いて、わたくしはぞっとしましたよ。思わず手を挙げたくなりました。
っていうか、わたくしは大丈夫なんですかね?もしかして寄って来ちゃってるんですかね?
そうだとしたら今すぐにでも除霊していただきたいんですが、霊能者がいないんです。どうしたらよろしいのでしょうか?
という恐怖を抱えつつ、眠りにつくことにします。こんな状態で熟睡できるかよ!
posted by どらっくす at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

噛み合わなかったなあ。

心は穏やかなままに、テンションの上がらない一日でした。
テンションが上がらないのは良いんですが、なんだか疲労感が抜けない一日でもありまして。
もしかしたら炭水化物を抑えすぎているのかもしれないということで、今日は少し多めに炭水化物を取っています。これでうまいこと回復してくれると良いんですけどね。
なにか今日は噛み合わなかったなあという印象です。何が、というわけではなかったんですが。
理由は特にないので、気にするようなことでもないのかもしれません。

ただ、今まで日常的に行ってきていることに対して、急速に興味がなくなってきているという感触があります。
平穏が、自分の中に何か変化を起こそうとしていて、その予兆としての噛み合わなさなのかもしれませんね。
まあ、特に何の意味もないのだとは思います。
この噛み合わなさをどうとらえるかは自由ですが、そういう中でも自分の中にまだ平穏さが残っているのがありがたい。
たぶんなんですけど、噛み合っていないと思っていること自体も幻なんです。
だからこそ平穏が残り続けているんでしょう。
ということは噛み合わなさに関しても、特に意味付けする必要もなく、また噛み合わなかったと思う必要もないんでしょうね。
なんとなく、噛み合わなかったなあと思ってしまうのは仕方がない、それでも平穏さと共にありつづけることができることを喜んでいこう。
posted by どらっくす at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

緩やかな気持ちが続いている。

自分の限界がどこにあるのかはわかりませんが、とりあえず机の上を片づけることぐらいはできるようです。
ついでに、部屋を少し模様替え。
とにかく机の上を使えるようにしたかったので、片づけることができて良かったです。
なぜ机の上を使えるようにしたかったかといえば、使えなかったからですね。机を机として使っていない、物置として使っている状態になっていました。
ここ最近の自分の精神状態の良さが、机を机として使うことができていないという当たり前のおかしさに気がつかせてくれたのかもしれません。

精神状態の良さと書きましたけど、良くなっているわけではないんです。そもそも良いというのがどういう状態なのかはわからないですけど。
ただ、フラットな状態がずっと続いているような印象です。
だからあまり苦に感じることがない。ちょっと不安に襲われても、すぐにまたフラットな状態に戻れる。
ウキウキしているというわけではないんですが、穏やかな気持ちが続いているので生きるのが楽です。
気持ちが穏やかだと、いろんなことを受け止められるんですよね。

まあ、ただ単にそれほど波乱が起きていないというだけなのかもしれませんが、それでもまあイライラしそうな時にスッとフラットな気持ちに戻ることができているのが楽になれている理由でしょう。

「支配されちゃう人たち」を再読してから落ち着けているし、心に問いかけることを常にやるようにしてから、ざわついてもすぐに戻ることができています。
大嶋信頼さんの本はいくつか読んでいますが、思いっきり自分に取り込めるものもあれば、まったく受け付けないものもあるのが不思議です。同じ人が書いているはずなんですけどね。
また別の本も読みたくなってきたので、ちょっと読み直してみたいですね。

でも、何かを決めすぎることなく、緩やかにしていきたいものです。
楽に生きる方が、楽ですからね。
posted by どらっくす at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

そこに誰もいない。

眠りというのはありがたいものかつ恐ろしいもので、気がついた時には3時になっていました。
でも、3時ぐらいの空気感というのはなんとなく好きですね。まだ夜も明けず、かといって深夜はもう過ぎてしまっている。朝への期待感が、薄く世界を包み込んでいます。
どういうわけだか、昨日あたりから心がぐっと楽になっているというか、心に自分自身を任せられるようになってきた。はたまた心こそがすべての原動であることに気がついた。いや、はたして。
つまりは何かしらを気負わずに生きることができている感じがする。

どこかしらでなんとかブログを更新しなきゃという気持ちがあったはずなのだけれど、そういう気持ちも少しだけ薄くなったような気がする。書きたい時に書いたり喋りたい時に喋ったり、当たり前にしていたはずのことが、なんとなく自分の中のルールになり、なんとなく誰かの声を聞きながらやっているような状態になってしまう。
本来は自分の内なる声の元に、自然発生的に行っていたはずのことが、半ば義務かのようにやるようになってしまう。頭の中では、これは自分が選んでやり始めたのだからと考えてはいるんだけれど、どこか違うような気がしている。さりとて、やめるほど嫌というわけでもない。
そういう時に、きちんと心に聞いてみると、意外と「更新しなきゃ」という気持ちが誰か別の人からの命令であるように感じることがある。

本当のこと、などというのは誰にもわからないのだけど、自分からやっているようで、いつの間にか誰かにやらされているような感覚に陥っていることはよくあると思う。
でもそういうことって、本当は誰かに見はられているわけではないんだ。誰もいないパノプティコン。
そこには誰もいないよ。
posted by どらっくす at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

今日も書かせていただいてありがとうございます。

ミラーニューロンがどうとか、そういうことを考えていたら、なんだかブッダがものすごい人のように感じて。頭の中で「ブッダすげー!」と叫んでいました。
わたしというものを不確かなものであるとするならば、他人の影響によってのみ変化が訪れるものなのかもしれません。わたしと誰かの間にしか、世界は存在していないのかもしれない。
わたしはいないし、誰かもいないのに、何かだけがあるのかもしれません。あるいは誰かというのは、本当は世界そのものなのかもしれない。
世界そのものだとして、わたしも世界の一部なのだからして、じゃあ他人の考えというのは自分の考えと同じなのかもしれない。
自分の感情などというものはなくて、すべては世界の中に溶け込んでいるだけなのかもしれません。

なんてことを言っていると、よくわからないことになっていそう。またこの人煮詰まっていそうと思われるかもしれませんが、むしろ非常に快調です。びっくりするぐらいに気持ちが楽になっています。
こんなことがあって良いのでしょうか?良いのです。
自分から何も生じていないような感覚が、どんどん強くなってきています。ありがたいことです。
この文章も、自分で書いているつもりでも、どっかから降ってきているんでしょうね。本当にありがたい。
今日も書かせていただいてありがとうございます。
posted by どらっくす at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

その支配からの。

何事を書くにしても、心に思うままに書いていくしかないわけですが、あんまり思い浮かばないことだってあります。
それでまあなんとなく書き出してみたり、やっぱりやめてみたりしているうちに、なんとなくできあがったりもする。そういうことなのかもしれません。そうでないかもしれません。やっぱり書くことないなあ、いやないことはないでしょう。


「支配されちゃう人たち」という本を再読しました。まったく内容を覚えていませんでした。多分三回目くらいなんですけど、ああそうか。という気づきが今回ありました。完全に忘れていたからでしょう。
特に、寝る前に自分自身を痛めつけて、死にそうな気持になってから寝るのは、酔っ払いが限界まで酒を飲んで寝るのと同じというのは覚えていませんでした。もしかしたら記憶したくなかったのかもしれません。
どういうわけだか、これを覚えていると都合の悪いことだと感じたのでしょう。これも支配者たちからの支配によって忘れさせられていたのかもしれません。
定期的に読み返して、身に染みるまで読もうなんて思うのだけど続かない。これもまた支配者たちの支配が骨の髄までしみ込んでいるからなのかもしれません。
それでも支配が緩んだときにだけでも、もう一度読み直していこう。

たぶん最近の自分の思考の流れの中で、支配に隙ができたのでしょうね。
だから読むことができた。たまたま良かったのかもしれません。たまたまです。たまたまた。でも、たまたまがなければ、大体のことは起こっていないも同じなので、やっぱりたまたま起こってくれることというのは、たまたまに見えて必然であり、たまたまの必然が起こり続けていくことが、人生を回していく歯車の仕組みなのかもしれません。
どうやっても書けないと思ってしまうのも、書けないようにしている何かがいるのでしょう。同じように、どうやってもできないと思ってしまうのも、何か別の力が働いてしまっているのかもしれません。
わたしの心に聞いてみる。すると答えは何もない。ああ、支配がまたわたしの目を曇らせている、心の声を聞かせぬように耳を塞いでいる。
そっと、聞いてみるのです。どうしたらよいものなのかを、すると答えは風の中、ふわりと聞こえた気がします。ぬるりぬるり。

まだここから何かを書くかを聞いているのですが、そろそろやめなさいという声が聞こえてくるのです。
ああ、風が南から吹いているのだなあ。
posted by どらっくす at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

なにかがなにかをしてくださっている。

もはや恒例となった0時過ぎ更新。もしかして、一日に一度にこだわる必要もないかもしれません。明日の朝に更新したって良いのだから。一日をまとめる日記があるのであれば、一日を始める日記があったってよろしいわけです。やるかどうかは別ですが。
なんとも今日は自分自身の堕落を感じ取れる一日でした。もうどんどん堕ちていっています。底はなく落ちるだけ。どこまでも行くかはわかりませんが、どこまでも行くかもわかりません。
「おれは何もできねー!」とルフィばりに叫んでみては、フラフラとタマ・トンガのように歩いているのです。

呼吸だって、酸素がなければできない。酸素を作り出すことはできないんだから困ったものです。酸素の代わりに二酸化炭素を吐き出してあの子が呼吸をしていたとしても、そういう器官を作ったのはわたくしではござーやせん。
なにしろすべてのもので、自分が作り上げたものなどというのは一つもありませんでした。ただの一つも何も作っていなかったのです。
これはもしや世の中の全員そうなのではなかろうかとも考えたのですが、なにしろ確かめる術がないもので、わたくしには何かを判断するような力はないのです。
不思議なものですが、そうやって力を抜いて世界を見渡すと、世界はわたくし以外のものでできているのではなくて、何かでできているのであります。

それで触れようとしても、そもそも触覚というものを生み出しているものがわたくしではないわけですから、触ったような気にはなれても本当に触ったのかどうかはわからないのです。
じゃあしょうがねえとばかりに「考えるな、感じろ」とリーのごとくにホアター!としてみても、そもそも感じているこの感覚すらもどうしてできたのか見当もつかず。
はて、どうなったものかと考えていくと、この考えというやつ自体もはたしてわがものなのか区別がつかないのです。
それでまあ考えるのをやめてみまして、ありとあらゆるものが、何かに対して何かをしてくださっているのだということにしました。思考すらも、きっと誰かがしてくださっているだけであって、なんだかわかんないけどそのど真ん中にいるような気がしているだけなのでしょう。
もうだからみんながみんな何かをしてくださっていて、本当に感謝しかないのですな。
きっとこの文章も何かが書かせてくださっているのです。何かよありがとう。
まだまっだ生きていけそうです。
posted by どらっくす at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

今日のところは寝ます。

もはや自分自身でも、太ったんだか痩せたんだかよくわからなくなっていますが、GWが終了するころにはある程度わかるでしょう。
食べなければ良いというものでもないし、食べ過ぎたら太るのは当たり前のことだし、なんともしがたいところでございます。
おまけにブログのランキングも下がって来ています。これは自分自身の日記に対する「何を書いたものかよくわからなくなっている」という状況も影響しているのでしょう。
これだけ長いことやってきて、いまだに何のブログなのかわからなくなってしまうという。
元々は読書のブログだったんですけど、日記もある程度書いていこうと思って、他にもいろいろと書きたいことが出てきて、そっちが多くなってきたから別のブログに分けて、書くことがなくなりつつもなんとなく本のことを書こうとしてもあんまり本自体を読まなくなるという。
それでいて、今更本以外のブログにするのもなんだし、日記としてはずっと続けていけばよろしいかとは思っているのだけれど、肝心の日記とはいかなるものを書けばいいのかということがいまだわからず。
ただただ毎日のように、なんとなく書いているだけになっているのである。
だからして、ランキングはなるべく気にしないようにしているのだけれど、SEESAAブログがご丁寧に見やすいところにランキングを載せてくれているものだから、なんとなくやる気が削がれていくような状態になっている。
あんまりランキングを気にしたくないんだけどなあ。消す方法はあるんだろうか。
まあそんなことを言っている間に、0時を過ぎてしまいましたから、今日のところは寝ようと思います。おやすみなさい。
posted by どらっくす at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

壁を乗り越えるために。

なにごとにも停滞することはある。
本気を出そうが出すまいが、いったん止まってしまうとどうにもなかなか動き出さない。読書であれ、勉強であれ、体重であれそうである。
どうにも体重が減っている気がしないのである。今日にいたっては「太ったのでは?」という気すらしている。
順調に2〜3kgまでは減っていたのだけれど、ここにきての急ブレーキは不安を煽る。煽られた不安に飲みこまれて、思わず食べ物まで飲み込みそうになった。危ないところである。

むろん、1日ぐらい多少多めに食べたところで問題はない。問題はないどころか、たまには多めに食べる日を作った方が体が飢餓状態に入りづらくなるので良いという話もあるぐらいだ。
だから気にする必要はない。必要はないのだが気になる。なるべく食べすぎないようにと気を使い、食べ過ぎた翌日は少し減らすぐらいの融通は利かせてきた。
結果として、大きく体重の減少はなかったものの、少しずつ減らすことができていた。だが、なぜだか今日はそういう風に感じられていないのである。
もちろん体感は当てにならないものだからして、正確に測ってみるまではわからない。わからないのだけど、なんだか太ってしまったような気がしているのだ。

ここまで書いてきて、もしかしたら実際は太ってなどいないという可能性に気がついてきた。いつもよろ多少食べ過ぎただけのことを、異常に気にしているだけ。つまりはダイエット病なのである。
ダイエット病なる病気があるのかどうかはわからないが、一番近しそうな病を調べてみる。ダイエット病で検索する。
出てきた病名は、うつ病。
なるほど、さもありなん。栄養バランス的には、そこまで崩れたものを食べているわけではないですが、急激な食生活の変化によって精神が悲鳴をあげている可能性はあります。わしは甘いものを食べたいんじゃー!と。
ですがここで甘いものを食べ続ける食生活に戻してしまったら元の木阿弥、南無阿弥陀仏。むしろ、精神の最後の抵抗であると考えれば、その方が自然な流れのような気もします。
甘いもの食べたい欲が失われてしまうことを恐れて最後の悲鳴をあげている。そのためには、多少無理があったとしてもその方法じゃ痩せへんでー?と自分自身に思い込ますぐらいのことはしてくるはずです。

やっかいな相手ですが、そういう人間を相手にしていたからこそ今の自分の体型があるわけです。まあ、どっちも自分ですが。だからこそ、ここは気持ちで負けないように、しっかりとNOを突き付けたいですね。
まだ始めて一月も経っていないわけですし、こういう精神的な障害が来ることもあるでしょう。
障害のように見えていたとしても、実は何もない、ただの幻覚である可能性もあります。
「鉄の壁に見えるのは、扉を隠すカーテンかもしれない」
フェンスオブディフェンスの13月の革命という歌の歌詞です。
まやかしだらけの世界の中で、ベールの向こう側を覗く勇気を持つことが、敗れかけた精神をもう一度立て直す魔法なのかもしれません。
posted by どらっくす at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

願いを大きく広げていく。


「隣り合わせの灰と青春」をやっと読み終わりました。ダンジョンに潜って、仲間たちと絆を深め合いながら敵を倒していく。そもそも自分には、ダンジョンに潜ってモンスターと戦うということ自体がなかなかやるのが難しそうです。
自分自身のためだけでなく、仲間たちのためにくださなければいけない決断もある。だが、結局それは自分自身の決断でもあるわけです。
序盤で主人公が亡くなった仲間の仇をとるために、戦士から侍に転職をするのですが、より強くなり、今まで倒せなかったような敵も倒すためというみんなのための行動でもありつつ、大切なものを守れるように強くなりたいという自分自身の願望をも叶える決断であったわけです。

つまり行動を起こす時というのは、誰かのためだけでなく、自分のためだけでなく、両方の願望を満たすことができる行動を取ることが望まれるものなのであるということですね。
どれだけ強く叶えたいという願いがあったとしても、それが自分のためだけの願いであれば、たとえ叶ったとしてもすぐに誰かに奪われてしまうかもしれません。
すべての人の願いを満たすことは無理だとしても、より大きな枠組みで何を願うかを考えていくことは大事なのかもしれません。

最近は、あんまり本を読んでも自分自身の人生に引きつけるような読み方はしなかったんですが、むしろ自分自身の人生に引きつけてこそ、他人が読んでも嬉しいものになるかもしれないなという気づきがありました。
まあ、その気づきがどこまで続くかは別として、何かを願うのであれば大きな願いをしていこう。それは100万円稼ぐを1億円稼ぐにするような大きさではなく、周りにいる誰かも含めていくことで広がりをもった願いとなるような大きさなのです。
大きく願いを広げていこう。
posted by どらっくす at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議なものですね。

なんとなく書くことが思い浮かばぬままに時間が過ぎています。
どうしたものかなあ、という気持ちを書いていくくらいにしかありません。
今日困ったことといえば、急にパソコンの画面が映らなくなったということぐらいでしょうか。
接続をHDMIに切り替えた移りましたので、グラボが壊れたというわけではなさそうなのですが、接続端子は壊れてしまったのかもしれません。
映像が映らないと困ってしまうので、グラボの交換も視野に入れないといけないかもしれません。


あとは「隣り合わせの灰と青春」をだいたい読みました。もう90%ぐらい読んだのであと少しなんですよね。
ウィザードリィというゲームをベースにした小説で、ダンジョンを降りてボスを倒すことが目的の話です。
剣と魔法の世界を十分に感じながら、少しずつキャラたちの背景を知ることができていく感じが好みです。
また敵が強いんですよね、味方も強いんだけど、敵も強くて、戦いを見ているような気持ちになってきました。
他の作品も読んでみたいという気持ちになったのももちろんですが、ゲームもやってみたいという気持ちになりました。

残念ながらゲームのウィザードリィというのは最近のゲーム機でプレイすることはできないみたいですね。
PS3を引っ張り出せばできるみたいですが、もう接続されることはないような場所にしまってあるんですよね。
似たタイプのゲームは出ているみたいですけど、そのものとなると最近は出てないみたいです。
有名なゲームであっても、なかなか続けていくというのは大変なものですね。
このブログは終わりそうでなかなか終わりませんね。不思議なものですね。
posted by どらっくす at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

お風呂にゆっくりと入って、あがってからもなるべく冷やさない。

体の疲れがだいぶマシになりました。
理由としては、あまりにも簡単なことではあるんですが、お風呂にしっかりと浸かったからです。
まさかこんなことで、昨日までの不調が嘘のように楽になるとは思いませんでした。
いや、今日たまたまそうなっているだけかもしれませんけどね。

じっくりお風呂に入って、あがってからも10分程度は体を冷やさないように気をつける。というのをテレビでやってまして。
半信半疑ながらもその通りにしてみたら、あがってからしばらくして猛烈な眠気に襲われました。
そして、ちょっと眠って起きたら、すっかり体調が良くなっていました。
しばらくはお風呂にしっかりと入って、体を休めることを続けていくつもりです。

体温を上げることが大事だとはよく聞きますけど、こんなにも違うものなんですね。
なるべく下げないようにするというのも大事なところだったのかもしれません。
しっかりと上げて、ゆっくりと下げる。
これを繰り返すことで、もしかしたら細胞が活性化していくかもしれませんね。
試しにこれからもう一度入ってみるつもりです。
posted by どらっくす at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

なにか変わりつつあるのかもしれない。

今日はまた気持ちがまったく上がってこなくて、良くない状態ですね。最近、そういう頻度が上がってきているような気がしないでもないですが、まあ気のせいだと思っておこう。
そういうときって、書こうとしても手が動かない感じになってしまって。心臓のあたりにぼんやりと鼓動が早くなっているような感覚だけ残っている。なんとなく体が重いような風になりますね。
外でも歩いてくるか、深夜だけど。

やっぱり動かないとなっても、無理やりにでも動かさないと錆びついてしまいますからね。
すでに錆びついているからこそ、そういう状態になるのでしょうけど、これ以上錆びつかないように少しだけ磨いてあげるくらいのことはしないと、錆が錆を呼んできて、がっちりと固まってしまうかもしれません。
別に固まったところでどうということもないんですけど、歩くのは好きなので、そういうときは歩いてる方が気がまぎれます。

それでも少しずつだけど、何かが変わりつつあるような気もしていて。
だからこそ余計に、体が硬くなっていくことに敏感になっているのかもしれません。
歩いたら柔軟でもしてみようかな。
前が見えていないとしても、足を進めている限りはとりあえず動いてはいるでしょう。
足踏みだって、その場でしてるつもりでも、いつの間にか思っていたのと違う場所にいたりするものです。
焦らずに少しずつ、トランキーロです。
posted by どらっくす at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

自分の感覚を信じすぎない。

最近、体重を測ったり、食事の量を調整したりしているので、必然的に何かを測る機会が増えています。
そこで思いついたのが、英語にどれくらいの時間触れているのかということです。
海外ドラマを見たり、映画を見たりで、結構な時間英語に触れているのではないかと思ったのです。
英語をそれなりに使えるようになるのにかかると言われている時間が約2000時間、一日に2〜3時間くらい触れていれば2年くらいで達成できるということです。

少なくとも1時間くらいは触れているだろうと思っていたんですが、測ってみるとなんと30分。
もちろん、今日は少なかったのは少なかったんですが、そこそこ見たなあと思ったのに30分しか見てなかったとは。自分でもちょっと驚きました。
どうも自分は、やっているつもりで意外とやっていないということがあるようです。
これからはどんなことでもとりあえずある程度は時間を測ってみた方が良さそうですね。

ちなみに、体重の方は思うように減っていかないのですが、こちらはこちらで計算間違いをしていた部分もあって、昨日あたりから頭がなんとなくはっきりしないような状態が続いていました。
どうも炭水化物を減らしすぎてしまっていたようです。
思ったよりもやってなかったりするかと思えば、やりすぎていることもある。
自分自身の感覚というのは、信じすぎてもいけないもののようです。
感覚でやるよりも、まずは測って、きちんと基準を作ってしまった方が良いようですね。
測れるものは測る。今日の教訓です。
posted by どらっくす at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わくわくしてたら生きられる。

今日はまた体調があまりよろしくなくて、どうしようかなと思っていましたが、23時すぎくらいからグッと上がって来ました。遅い。
きっかけは新日本プロレスワールドで、CMLLの中継を見たこと。
メインイベントが、ウルティモゲレーロ対アトランティス。この二人、かなりのベテラン選手なんです。
そのベテランの二人が、しっかりと会場をわかせているのを見ていていたら、なんだか元気が出てきたんです。
どうも体調だけではなく、気持ちの面でも落ちていたみたいですね。

それから「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のシーズン2を見まして。

これもまたおもしろそうだという期待感で心がわくわくしてきました。
この二つのわくわくのおかげで、なんとか今日という日も良き日として終えられそうです。
人間の心に必要なのはたのしみなんですね。
それは感動であったり、笑いであったりするかもしれない。
どういう形であり、何かが心に入ってきた時に「よし、もう少しだけやってみよう」という気持ちが、自分の中にも出てくるものなのかもしれません。
よーし!明日も別にがんばらないけど、ほどほどに生きるぞ!
posted by どらっくす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

台無しになることを恐れず少しずつやっていく。

なかなか映画を見ることができていないですが、隙間時間を使って少し見ることもあります。
今日は「ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル」を少しだけ見ていました。

まだ半分も見てないと思うんですが、この映画おもしろいです。
イーサンハントが列車に隠されている秘密基地に入ろうとするシーンなんか、電車の中で笑ってしまいそうになりました。危うく不審人物ですよ。
一生懸命列車を追いかけながら暗証番号を入力して、さあ入れると思ったら「エンターキーを押してください」と言われたところが危なかった。
別にコメディ的なシーンではないのかもしれませんが、クスリと笑えるシーンが入っていると楽しくて良いです。

映画の方はそういう感じで、少しずつ見ていけば良いんですが、少しずつも進んでいない感じがしているのがダイエット。
自分としては問題ない範囲にしているんですが、思うように体重が減っていかないんですよね。
もっと大胆に減らす策を講じても良いのかもしれません。
ということで、今日はカロリー的には1600キロカロリーぐらいに収まるように計算しています。
今後も何日かに一度はこれぐらいに抑えるようにしようと思っています。
もちろんタンパク質はきっちりとりつつということになりますけどね。

あとは野菜をもっと多めに摂ることを意識するつもりです。
どうも野菜を摂る量が少なすぎることも原因になっている気がしているんですよね。
タンパク質に気を取られていましたけど、野菜をもっと摂ることでことでさらなる健康を目指していくつもりです。
健康になることを目指し、それでも明日死んだとしても後悔をしないような生き方をしていきたいものです。
posted by どらっくす at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ