どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2017年07月25日

とかくにこの世は生きづらい。

あやうく死ぬところでした。
なんだか突然「もう生きていてはいけない」という気分になってしまい、自殺の方法を検索し、硫化水素は周りに迷惑そうだし、飛び降りは痛そうだから、ここはべたに首吊りだろうか……。はたしてどこで吊ったものか。
などと考えつつも、なんとなく色んなリンクを見ていると、

自殺と向き合う 生き心地のよい社会のために

というNHKのサイトにたどり着きました。
それでまあ、他の人の死にたい気持ちとか、残された人の辛さとか、そういうものを読んでいるうちに段々と息が吸えるようになってきまして。
自分の家族に迷惑をかけるのもいけないなという気持ちになって来ました。
自分なんかは、世の中の人からしたらものすごく恵まれているし、なんなら羨まれるぐらいだろうと思うぐらい色んなものに恵まれているのですが、だからこそうまくできない生きづらさみたいなものを常に感じています。

死にたいという気持ちもわりとずっと持っていて、下手したら小学校高学年くらいからそんな気持ちをどこかに潜ませておりました。
でも、死ぬほどのことってなかなか起こらないもので、でもいつかふとした拍子にポンと足を踏み外したように死んでしまうかもな。なんて思っています。そのタイミングが今日だったかもしれないですけどね、だったら生き延びたな、こりゃ。
落語に死神という噺があって、序盤で主人公が急に死にたくなるんですよ。それで、なんだろう?と思ったら死神に憑かれていたという。
自分にも憑いてるのかもしれませんね、死神のやつが。

じゃあ、なんで死神が憑くようになったか。
これはきっと家族のカルマを一心に背負っているのでしょう。
家族に対する恵みのおこぼれで生きているような自分ですから、その分家族に起こるはずだったなにかを背負っているのかもしれませんね。
生きづらさを感じながら生きていれば、家族に害が及ばない。そう考えれば少しは救われますかね。まあ、関係ないんだろうけど。
これが裏返って、家族のために俺はカルマを背負ってる!なんていばり出しちゃうと問題も出てくるでしょうし、そうじゃなくたって今後家族に首にされてしまうことだってあるかもしれない。お前なんぞは金輪際敷居を跨ぐことを許さぬぞ、なんて。
そうなったら生きやすくなるかと言ったら、そんなこともないでしょうね。

死にたい気持ちは死神のせいで、生きづらさは家族のカルマ。
わたしはいったいどこにいるのか?そんなことは知ったことではありませんよ。どこにもいなくたっていいじゃないの。
あまりにも死にたくなった反動か、やたらに今度は楽しくなってきやがった。
躁鬱というやつなんですかね。そうそう。

2016年11月18日

とにかく深呼吸をして怒りが鎮まるのを待つ。

今日はもう何一つうまいこといきませんでした。
朝から晩まで、ここまでかみ合わないかというくらいかみ合わない。
最終的に残ったのは怒りです。
なぜなんだ、どうしてこんなことになるんだという怒り。
どうしたらいいのかまったくわからない中で、ただ怒りのある状態だけがある。
これはもう仕方がない。あるものはあるんだから、そうあるしかない。

怒りを出さないようにしようとか、そういうことをせずにたんまりと怒りを味わう。
くすぶっているものを発現させていくことで、より自分自身が見えてきています。
怒ってはいけないわけではない。
もちろん、ありとあらゆる場面で今日はリラックスができませんした。
呼吸を意識しようとしても、あまりにもうまくいっていないときは難しいです。

それでも無理やりにでも呼吸を意識することで、少しだけ落ち着きを取り戻しつつはあります。
取り戻し切れてはいない。
取り戻し切れてはいないけど、一時の怒りに比べればおさまってきています。
もっと早くおさめることはできないのかという気持ちもありますけど、大きい流れを変えるためには時間がかかって当たり前です。
時間がかかるのがよくないわけではない、時間がかかっているからといって我を失ってしまうのがよくない。
まだぎりぎりのところで、自分でいられている気がします。
あとはもう、呼吸を深く。深くしていくしかありません。
時間はかかっても大丈夫、落ち着いて呼吸をしよう。

2016年10月08日

ひたすらに。

おもいどおりに進んでいるのか、あるいは進んでいないのか。
自分でもわからなくなってきました。
そもそも思いがどこに向かっているのかもわからないのかもしれません。
日々そうやって生きていくしかない。
ああ、どうしたものだろう。と、なんとなく思っています。

すべてが漠然としていて、どうしようもないような気持ち。
どこにもたどり着くことのない船に乗り、どこかにたどり着こうとしている。
そうしているうちに、きっとどこかへたどり着くのだけど、そこはなんだか目的地ではないような気がする。
だからといって、他に行くところもないのだから、しばらくいてみる。
そうすると、なんだかわりと居心地が良いから、も少しいてみる。
長い時間が過ぎてしまうのかもしれません。

旅に出たいわけではないけれど、ここにいたいという気持ちもない。
どこか宙ぶらりんのまま、ただ今日を過ごしていく。
何があるというわけではない。
不安もない、希望もない。何もない。あるものがない。
ここで過ごしていて良いのだろうか。

この楽園から追放されたとき、わたしはどこへ行くことになるのだろう。
たどり着く場所がないとしたら、わたしはいなかったことになるのだろうか。
どこに生まれ、どこで死ぬ。
そんなことも不確かなまま、今を生きていると言えるのか。
過去と未来を見据えようとしても、うまく見ることができない。
このままは、今とは違うのかもしれない。

2016年08月22日

ほんとにやる気がない。

今日はもう書くのをやめようと、ぐれてしまおうと思ってたんですが、少しだけ書きたくなってしまいました。
不思議なものですね。書きたくないとギリギリまで思っていたのに、なぜか書きたくなる。
特に書くこともないんですけどね。
そういう日もあるということだけはメモしておきたいのかもしれません。
たまには紙に何か書いてみようかな。
そういうのをどうにか見せる、画像とかかなあ。
やってみるのもありかもしれませんね。
気持ちとしてはダウンを通り越して、爆発しそうな具合でございますが、なんとか生きています。

2016年08月20日

沈みっぱなし。

今日はどうにもリズムが崩れてしまったみたいで、立て直すことができぬままに一日が終わりました。
こういう乱れは後を引くんだよなあ。どうにかがんばろう。
どういうわけだか、からっぽになっていて。
書くことも見当たらないし、ほんとに今日はどうしちゃったんだろう。
いかにペースを崩さないかということも、大事なものなのかもしれません。
今日はほんとにダメだ。

そういうときはもうとことんダメになるしかない。
めちゃくちゃダメになって、もうこれ以下はないというところまでいって。
それでもまだ底じゃなくて、さらに落ちたりもするから、適当なところで上がりだすように気を付ければ、あとはどれだけ落ちても大丈夫なんだと思う。
底まで落ちようという気持ちは危険かもしれないけど。
まあ、ちょっと底まで落ちようとしてしまっていた節はあるので、ここから浮上できるようにしていこう。

2016年08月01日

いのこり。

こりゃもういかんね。という日が定期的に来る。
来てしまったときは、まあしょうがないからダラダラすごす。
乗り越えられてはいないけど、なんとか過ごすことはできているからよかった。これですごせてなかったら、それはもうつまり死んじゃってるってことだし。だったらまだ生きている方がよろしかろう。

新しく出たものに対して、やたらに否定的な人がいたりする。
お気に入りのバンドが、今までとちょっと違った方向性のアルバムを出したりすると、とんでもなく暴言を吐くような人。
ドラえもんの声が変わった時に、こんなのドラえもんじゃないと言い出す人。
こんなものを出すくらいなら終わってほしかった。そんなことをいう。

でも、終わったら終わり。
当たり前にあったものは、当たり前に終わる。
終わったらもう続かない。それはどんなものであってもそう。
死んだ方が良いといわれたとしても、ほんとに死んだら死んだままになる。生き返ったりしない。

そう思って、今日も生きる。

くまったくまった。

極楽とんぼの山本さんが復帰したとか。
10年ぶりだそうで、どうせすぐに復帰するんだろうと思っていましたが、ずいぶんと長いこといなかったんですね。
別に好きな芸人さんでもなかったので、うれしいとかはないですけども、なんだか懐かしいような気がします。俺だってもてたいの!
ケンカ芸はわりと好きでしたけど、極楽とんぼに関しては、二人ともそんなに好きじゃなかったですね。
芸人なんだからそれで良いんでしょう。芸が愛されれば、本人たちは別にね。
レギュラーになるのかと思ったら、そういうわけではないみたいですね。どうせ復帰するなら一気に復帰させてしまった方がよかったような気もします。

10年テレビに出ていなくても、ちゃんとできるものなんでしょうかね。
一回二回ならともかく、毎週となると、ブランクというのはしばらくは重くのしかかってきそうな気がします。
自分ではできるつもりになったとしても、体がついてこないなんてこともあるだろうし。
10年というと、ほんとにひと昔なんだなあと思います。
10年前に何をしていたか、まったく覚えていないですね。
どんどん過去の記憶はなくなっていっています。
必死に思い出そうとしてみてはいるんですけど、きっかけもないなあ。特になにもしてこなかった10年なのかもしれません。失われた10年だな。

今日は自分の中で、何もうまくいっていなかったので。どうにも書くことがこれぐらいしかなかったです。
もうほんとに、かけらもうまくいっていることがない。
どうしよう。くまったくまった。

2016年07月27日

何もない日もある。

今日は雨でしたね。
雨だと傘をささないといけないのが嫌ですが、雨自体はそんなに嫌いではありません。だからといって好きかと言われると、それもまた違うような気もします。
今日は雨のせいか、なんだか思っていたのと違う方向に進んでしまったような気がしています。おかしいなあ。
まあそういうときだってありますから、切り替えていくしかないですね。

なにか書くようなこともないんですけど、なにか書かずにはいられない。不思議なものです。
それと同時に、書く必要はあるんだろうか?ということも思ったりもします。
何もないということを書いていくうちに、何かが出てくるというものでもないでしょう。
何もないなら何もないなりに、そのままでいるしかありません。
うーん。カレーでも食べようかな。

2016年07月20日

ふう。

今日はどうにも頭が痛いです。夏の日差しのせいかもしれないな。
なにかしなくちゃという気持ちと、めんどくさいという気持ちが反発しあって、体を動かすのもおっくうです。
それにしても暑い。
気持ち的には、非常に下がってきていますね。またもや危険水域。
それと同時に、部屋も荒れてきていて、どうも連動しているんだなあと冷静に見ている自分もいます。
いよいよ疲れてきてしまっているのかもしれません。
だからといって、なにかできることもないんですけどね。
寝るか。

2016年07月08日

わからないったらわからない。

額にテーピングなりを貼ると、集中力が増すということを聞いたので、試しにやってみています。
なんだか少し増しているような気がしています。
これを活かして片づけをしてみたら、もしかしたらものすごくはかどるかもしれません。

日ごろから、いかに人と連絡を取らないようにするかということを考えていますが、なかなかゼロにすることは難しいんですよね。またゼロにしてしまってはいけないような気もしています。
どこまで減らせるのか、またどこまで自分が耐えられるのか。まだまだ調べてみる必要があります。
捨てるというわけではないんですけども、すべてを捨ててしまったとしても苦しみが消えることはないでしょう。
どこまでいっても苦しみはある。急に無人島にいったとして、今までの人間関係のすべてが消えたとしても、今までの人間関係に苦しみを覚えることはあるでしょう。
ふとした時に思い出してしまったりということかもしれませんし、ひょっとしたら探しに来たりもするかもしれない。

だから、自分自身がどう変わるかということなんですよね。
人間関係の糸の方を変えようとしても無駄であって、自分自身で切れない糸をどう操っていくか。
勇気を出して飛び込んでしまう。飛び込んだうえで、どうしようもできないでいる。
そういう勇気を持つことが大事なのかもしれません。
切ろう切ろうと思っても、切れないものであり、切れたと思っても一度つながった線は見えなくなっているだけかもしれません。
諦めて、飛び込んでいくしかない。飛び込んだうえで、諦めている姿勢を見せるしかない。
そうやって、何が残るのかはやってみないことにはわかりません。

2016年05月29日

もう寝ようかな。

今日は本を読んでいないどころか、一切のやる気が消失。
しかたがないので、甘いものを食べて、横になっていました。
今になってちょっと気持ちが悪いかも。
しょっぱいものを食べようかな。

こんなに力が出ないということもあるんですね。
最初はそうでもないかと思ったんですが、今日はダメです。
そういうときもあるものです。
外を少しうろうろしたりもしたんですが、どうにもダメダメでした。
本屋で新潮文庫の電気革命という本を見つけたときだけ、ちょっとだけ上がったんですけど。
結局買うには至れず。

もう、そういうときは何もできないんですよね。
あとちょっとでいいはずなのに、そのちょっとが動けない。
ゆっくりと寝ていた方がいいのかもしれません。
もう寝ようかな。

2016年03月19日

がんばらない。

がんばらない.jpg
ここ数日でがんばりすぎてしまったようで、今日は完全にガス欠状態。
なんだかちょっとやりたいこととずれている感覚。
どうしようもないですね。
なんでも良いはずなのに、自分で勝手に苦しんでいるだけですから。
がんばらないようにするだけです。

ちょこっとだけ方丈記を読みました。
それだけです。



2016年02月24日

はやくほどほどに暖かくなって欲しい。

ブログを更新するのをコロッと忘れていました。
何か忘れているなぁ、とか、そういうことも思わなかったんですが、
Amazonでキンドルの日替わりセールを見て、
まだ今日じゃないか!
ということに気がついて、慌てて書き出したところです。

書いていないのに、なぜまだ今日だと感じたのか、
きちんと説明することはできないんですけど、
まだ今日なのに、ブログを更新していない気がする。
明日になる前に書かなくては。
という気持ちが突然湧いてきたんですね。
自分でも、どうして思い出せたのかわかりません。

また少し寝る場所を変えてみました。
調子がいまいちよくならないのは、
もしかしたら寝ている場所のせいかもしれないと思いまして。
ちょっと変えたぐらいで、何かが変わるものでもないかもしれませんが、
ちょっとも変えなかったら同じままだということくらいは、自分の頭でもわかります。
変えてもっと悪くなるかもしれませんがそれはそれ。
悪くなるということは、変化があるということですから、
それはそれで良いものなのです。

2月は、体調が良い!という日が全然なかった印象ですね。
まだちょっと残ってますけど、もう端数みたいなもんですから、
2月は体調が悪かったということでいいでしょう。
やはり寒いときには体調が悪い。
暑いときも体調が悪い。
じゃあいつ体調が良くなるのかと言われると、
たぶんほどほどの時なんじゃないかな。
もう体調が良いと思える日なんて、ないのかもしれないけどね。

2016年02月15日

末端が寒い。

どうも足先が冷えてしまっていかんですね。
寒さはそうでもないんだけど、足先が冷たくなってしまうので、
寒くてしかたがありません。どうにかならんかね。
靴下を履いていても、靴下自体がものすごく冷たくなってしまうので、
あんまり意味がないんですよね。
脱いでいて、気が付いたら足先を揉むくらいしかない。
ほんとうに困った寒さです。

なんとなくお察しかもしれませんが、
今日は完全に書くことがないですね。
また書こうという気持ちもあんまりなくて、
スッと出てくることだけを、とりあえず記しておこうという按配です。
元々やる気に満ちている方ではありませんが、
ここ最近のやる気のなさは半端じゃない。

だからといってどうというわけでもないです。
おいしいものでも食べていれば、すぐに大丈夫になるでしょう。
むしろ気になっているのは、体型があまり変わっていないのに、
体重が少し減っていることです。
いったいどういうことになっているのか、
自分自身でもよくわからないのが怖いですね。

あとは、ちょっと歩き足りていない感じがするので、
もうちょっと歩こうかなぁとか。
そんなようなことを考えながら、
ぐったりと横になっていようと思います。
メンタリストの続きでも見るか。
足が冷たいなぁ。

2016年01月30日

関係ないことが気になるのは、今やるべきことがやりたくないことだから。

寒いですね。
もう寒い以外言いたくないくらいに寒い。
こんなときはすぐにでも眠りたいところなんですけど、
これから部屋を片付けないといけないんですよね。
もうちょっと早くやりだせば良いんですけど、
なかなかやりだせなくですね。

そうこうしているうちに、なんだか過去のことを思い出して、
身体を動かすのがめんどくさいような精神状態に……
ここで少しメモを取り出して、色々と書いていたんです。
それで気が付いたんですが、
こういった過去の出来事を思い出して現在のやる気を削ぐ。
この展開に関しては、向きが逆の気がしますね。

現在が嫌だから、過去の出来事を思い出している。
この方が自然だということがわかりました。
そういえば、以前読んだアドラー心理学の本にも、
そんなようなことが書いてあったなということを思い出しました。
まったく身についていないようで、
深いところでは理解していたということなのかもしれません。

そんなわけで、とりあえず気分は放っておいて、
片づけを開始しないといけないところですね。
まだ始めてないんですよね。
その前に、ちょっと片付けの本を読んで気分を高めようと思いまして。
「一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ」という本をちょっと立ち読みしました。
とりあえずこの本を参考に、収納から片付けていこうと思います。

もうどこから手をつけたものかわからなくなってしまったので、
何も考えずに、書いてあったことからやっていきますよ。
懸念があるとすれば、寒いということですよね。
まぁ、この寒いというのも、
片付けるのが嫌だからというところからきているんでしょう。
どんだけ片付けるのが嫌なんだ……
片付けるのが嫌。
という気持ちがどこから来ているのかも、
メモをしながら探る必要がありそうですね。




2016年01月21日

探してみればひとつくらい。

・できたことだってあるじゃないか。

どうも今日は本を読む気にならなかったですね。
こういう時は、メモを書く気にもならなかったりして、
いったいどういうことなんだろうなぁ。
などと考えていました。

おそらく違うことが気になってるんでしょうね。
ラストキングダムの続きとか、WWEネットワークはどうなのか、とか。
そういうちょっと気になっているけど、
なんとなくやっていないこと。
積み重なっていくうちに、いろんなことがうまくいかなくなるのかもしれません。

きになったことがあるのであれば、
とっとと処理してしてしまう方が良いんでしょうね。
そういえば、ちょっと前に優先順位の見直しをするぞ!
と誓ったような気がします。
見直した優先順位に従っていたつもりだったんですけど、
もしかしたらもう順位が入れ替わっているのかもしれませんね。
もう一度考え直してみたほうが良いかもしれない。

人間というのは、やっぱり日々変わっていく生き物なんでしょうね。
今日きになっていたことの内で、実行できたことと言えば……
充実野菜を買ったことくらいですかね。
うん、それくらい。
だけど、それくらいでも一つはできたんだから良しとしよう。
ひとつもできない日だってあるんだから、
一つできたら十分じゃないか。
よし、今日も良くやったな。明日も良くやろう。



2016年01月16日

今日は今日の風が吹いているのだから、その風をいっぱいあびたらいい。

・やる気に左右されていい。

今日はメモを書けず。
書けず、というと、なんだか何かあったかのようですけど、
気分が乗らなかったというか、
今日は気分が乗ってる瞬間がなかったですね。
やる気に左右されないようにしたい。
とは思っているんですけど、
実際には、グラングランと左右されまくっています。

でも、それは仕方がないことです。
だって人間だもの。
今日という日は、そういう日だったというだけで、
明日からはまた思うようになるように生きれば良い。
明日できなかったら明後日に。
延々と未来に託していけば良いんです。

どの道、今しかないものですし。
明日があることを信頼しても仕方がない。
今、ここにある、やる気のなさを堪能して、
また明日は明日の吹く風に任せてあげる。
そうやって生きていくしかないんですね、自分は。

何かを変えようとするよりも、
どこにフォーカスするのかを考えていく。
そうすることで、自分と他人との距離も決まってくる。
自分の売りというのは、自分で決めていい、
自分自身である必要すらない。
常に新しい一日を過ごせるのであれば、
やる気がない日が一日くらいあるのは当然ですからね。
それもまた自分の特性のひとつなのです。



2016年01月09日

体調が悪いのも、日々の少しの変化のひとつ。

具合が悪い。

どうにも具合が良くないですね。
寒いせいなのか、体が自由に動かないです。
どっか錆びついているんですかねぇ。
色々と、食事で小さな抵抗はしてみているんですけど、
いかんせんまだまだ徹底できていないせいか、
すごく快調!
という日はあまりないかもしれません。
ただ、カフェイン抜きをしているので、そのせいもあるかもしれません。

前にも少しやりましたけど、たまにやるとやっぱり眠いですね。
ただ、朝起きた時に、頭がすっきりしているので、
カフェイン抜きの方が、次第に体調は良くなっていってくれそうです。
そんなに悪いわけではないんですけどね。
さらには、ナス科の野菜もなるべく食べないようにしていて、
こちらも少しずつ効果が出てくれれば良いな。
という感じでしょうかね。

メモを使い出してから、別にそういうことを書いていたわけではないのに、
不思議と自分の身体に関しての考えがまとまったりしています。
たぶん、考え方の癖のようなものが、少し変わるんでしょうね。
と言いつつ、まだ三日ぐらいですけど、
今日はまったく書かないままに終わってしまいました。
そういう日もある!

元々まったく書いていなかったわけですから、
めんどくさくて書けない日だって、当然出てきますよ。
当たり前のことです。
それでも常に持ち歩くことが大事ですし、
少しの変化をつけたりすることも大事です。

今日は、ペンを買いました。
「ゼロ秒思考」の中で紹介されていたペンですね。
書いていると、ちょっと手首が痛くなってしまったので、
ペンを変えた方が良いだろうという判断です。
まだ使ってないので、書き心地はわかりませんが、
文具屋さんで試し書きした限りでは、
かなりインクが滑らかに出てくれる印象でした。

こうやって、人生に少しの変化をつけると、
同じ一日のようでも、少しだけ違った一日を過ごせた。
という気分になることができますね。
同じ毎日であっても、違う毎日であっても、
体調が良くても悪くても。
いずれにせよ、一日は過ぎていってしまうものです。




2015年12月26日

そういう日は、そういう日なんだ、とおだやかに過ごしていく。

あいかわらず体調がちょっとよろしくないわけですが、
まぁなんとかやっていけそうでもあります。
なんかこう、色んなことが一気に解決していくかと思いきや、
あまり変わらないまま、ゆっくりと一日一日が過ぎていきますね。
それもまたよし。

なんとなく本を読んだりもしているんですが、
本当になんとなくという感じで、
さらっと読んでは違う本にいってしまうような感じです。
どうにも寒くなってくると、動きたくなくなってしまいます。
当たり前といえば、当たり前なんですけど、
予想以上に動かなくなっていますね。

暖かい布団の中にいると、自然と眠くなってしまいます。
特に電気毛布がいけませんね。
本当に、睡魔をよく連れてきてくれます。
その割りに、起きたときに、ちょっと気分が良くないというか、
体の水分を少し持っていかれているんじゃないか?
という気分になります。
あんまり体にはよくないのかな、熱くしすぎなんだろうか。

身体のことを考えると、もっと野菜を取るのが良いんでしょうけど、
なかなか野菜を食べることもままならず。
だったら、ミキサーを買ってみよう。
なんて思ってもいるんですけど、結局買っていないという。
まぁ、そういう日なんですよね。
こんな日があってはならない!
なんて思っていたら、辛いかもしれませんが、
幸いなことに、どんな日であったとしても、
すべては良い日ですから。
ゆったりと生きていくことができて幸せでございます。
なんとなく、そういう日があったとしても、
ああ、そういう日なんだな。
ということで、気分良く過ごしていく。
それが一番、大事なことですね。

2015年12月12日

へぇ。

どうにも今日は一日やる気がでなかったですね。
やる気というか、生きる気力?
なんていうんでしょう、生命力みたいなものが、
非常に小さくなっていました。

ただやる気がないというわけではないような気もするんですが、
とにかくまぁ、言葉で言い表すのであれば、やる気がない。
どうにか出てくれたらとも思うわけですけども、
出ないものを出そうとしても仕方がないわけですから、
ああ、今日はそういう日なんだなぁ。
ということで、今日を生きていくしかないですね。

なんだろうなぁ。
生きていることに意味を感じられなくなるというか、
あんまり良い気分ではないんですよ。
それでも死ぬわけにもいかないし、
どうしようもないままに生きていくしかない。
生きるということは、苦しみそのものですね。

そもそも苦しいものなのだからして、
苦しいからと言って、生きるのを諦めてはいけないのでしょう。
どういう状態になったとしても、
きっと苦しみは消えないでしょうし、
そういうものを抱えながら、
幸せになっていくしかない。
消えないし、消さなくて良い。
あるままで、幸せになっていく。
幸せは、また苦しみを生むから、
苦しみからまた幸せを見出す。
くりかえし、くりかえしです。
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ