どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2018年02月24日

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を見ました。粗がひどいので、ツッコミが捗る。

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を見ました。


決して嫌いではないですが、かといってめちゃくちゃおもしろいというわけでもなかったですね。
想像していた範囲から出ることのない映画でした。
武田真治の怪演が良かったかな。
デス・ゲームのわりにはデス感がなかったので、ほんとは死んでないパターンのやつかなと予想していたんですが、そういうわけではなかったところに勝手に意表を突かれました。

綾瀬はるか繋がりで見たわけですが、この作品ではそんなに活躍もしていなかったかな。
映画全体で女性陣は微妙な扱いだったように感じます。
落ちも含めて、深夜に何も知らずに見たら結構おもしろく感じそうな映画でしたね。
藤原竜也さんのあくの強さも、ちょっと抑え目な感じだった……かなあ?とりあえず、弱気な人らしさは出ていました。
インディアン人形の声優は言われてみれば!という感じで、気がつかなかった自分に驚きました。

好きなシーンは特になかったですね。
今回に関しては、綾瀬はるかさんが特にかわいかったということもなかったし。
しいていえばラストのところですかね、生き残った人を置いて颯爽と去っていく機構の白バンのシュールさには笑ってしまいました。
置いていくんかい!っていう。
そのあとも、なんだかかっこよくしようとしたんだろうけど、笑いしか出てこないようなことをしてくれて。
もしかしたら製作者の「この映画作った時間と金は無駄だった!」というぶん投げの隠喩だったのかもしれません。

かっこいい映画を撮ろうとして、盛大に滑った感は否めませんが、なかなかにたのしめました。
ただ、心理サスペンスではないですね。豪華俳優陣の殺し合いをたのしむ映画です。
一回見れば十分かなという感じですね。
ストーリー的な粗はかなりひどいんですけどね。
あまり具体的にいうとネタバレになってしまいますけど、石井さんの死に方に対して最初に疑いそうなところをまったく疑わないとか。他にもボロボロでてきます。
でも、しっかりしろ!とか、なんでだよ!とか、それはおかしすぎる!とツッコミやすい分、終始“無”で見ることになる作品より、たのしめたのかもしれません。
posted by どらっくす at 09:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ
リンクにかけろ!