どらっくすのちゃんぷる〜日記。

日記?の更新は基本的に毎日22時から24時の間くらいにしています。

2017年06月07日

「超ムーの世界」はわりとおもしろい。

今日はお風呂に入っているときに見るものを映画じゃないものにしてみました。

「超ムーの世界R」という番組です。月間ムーというオカルト雑誌をテレビ番組にしたような感じですね。
あくまでも真面目にオカルトについて語り合っていくという姿勢が良いですね。
もちろんオカルトというのは基本的には嘘なわけですけども、その嘘をもしかしたら本当にあるかもしれないと思わせてくれるところに醍醐味があるわけです。
また、あからさまに作り物に見えたとしても、本当にいるとして扱ったときにこそ、その先にある真実にたどり着くということもあるかもしれません。

オカルトというのは統合過剰な人たちが作り出すものなんですよね。
1を聞いて10を知るという言葉がありますけど、1を聞いて99を作り出すようなイメージです。
もちろん本人たちは本気でそれが真実だと信じていることが多いし、不思議なことにそういう妄想の中にも真実らしい一面も入っていたりすることがある。
あるいはたまたま真実にたどり着いてしまっていることもある。
だからこそオカルトはおもしろいんですね。

これは本当だ!と確信することよりも、本当かな?と考えている時間の方がおもしろい。
最近は、何でもネットで調べられてしまいますけど、ネットに真実が書かれているとは限りません。
最終的には自分で調べてみないとわからないし、なんでもかんでも調べられるわけではないから、結局世の中のすべての謎を解くなんていうことはできない。自分で調べたから解けるというわけでもないですが、少なくとも納得することはできますよね。
でも、自分ですべてはできないから、誰かが解いた謎に対して検証をすることになる。
検証して自分を納得させる。
そういう行為はなんにでも必要な態度なんですよね。

こうだからこう、という答えに納得せずに、自分なりの真実を見つけていく。
99%の想像であったとしても、納得できる答えを見つけることができる方が価値があるのではないでしょうか。
他人から変な目で見られるかもしれませんけど、納得できている方が自分を保てます。
だからといって自分を信じすぎるというのも怖いものです。
何もかも疑って生きるのはしんどいから、誰かを信じるということも大事です。
誰かを信じることができなければオカルトをたのしむことは難しくなります。
信じるまではいかないにせよ、そういうこともあるかもね。という態度で人の意見を聞くことができれば、世の中というのはぐっと広がってくるのではないかと思います。
オカルトは自分の世界を広げてくれるものであり、同時に広げた世界がうっかりすると想像だらけというものでもあります。
諸刃の剣であることを認識したうえで、たのしんでいくと、自分なりのオカルトを見つけることができるかもしれませんね。
もしかしたら生きるということは、自分なりのオカルトを見つけることなのかもしれないな。
posted by どらっくす at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日書かなくても日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
プロフィール
名前:どらっくす
性別:男
一言:はじめましてどらっくすです。
ツイッターアカウントは@dora1112です。
基本は、ブログの更新をお伝えする用です。
つぶやくこともあります。
1372602106044.jpg

タグクラウド





PR
漫画・コミック全巻読むなら【全巻読破.COM】

歯の美白

ロリポプラン 詳細はこちら





人気ブログランキングへ

カテゴリ
ブログパーツ
リンクにかけろ!